そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

トイデジを持って芸術の町・藤野を散策

すっかり久々になってしまった、くらげ散歩。今回は、相模原市の藤野を散策します。

旧藤野町は神奈川の北西に位置し、山梨と東京の都県境にある町です。2007年におとなりの相模原市が政令指定都市になった際に相模原市に編入されました。ここはもともと、戦時中に芸術家たちが疎開してきて拠点を構えたこともあり、街の地域活性化として芸術を取り入れています。
一番有名なのは、山の中腹にあり中央本線の車窓からもよく見える、「緑のラブレター」。こちらは、造形作家が1988年に制作しました。こういった芸術作品が街のあちこちに存在しているらしいのです。

今回は、家を出る時間が遅かったのと乗り継ぎが上手く行かなかったことが重なり、夕方からの散歩です。お散歩のお供には、トイデジのDIGITAL HARINEZUMI3.0を持って行きます。

17:05 藤野駅出発

藤野は芸術の街だということ以外、まったく下調べをしていません。どこかフラフラしていたら、芸術っぽいものにぶつかるんじゃないかなと安易な考えでいます。ということで、ひとまず駅を出てなんとなく歩き始めました。

路地に続く下り道があったので、なんとなく下ります。
PICT0093

相模川を渡る橋に出ました。
PICT0096

ちょうど日が傾いてきていて、いい感じです。
PICT0099

橋の袂には、さっそく彫刻が。カナダの雁らしいです。
PICT0095

そのまままっすぐ道を進み、交差点に出たのでなんとなく左折。すると、この道が「芸術の道」という名の道であることが判明。コースになっているみたいなので、まっすぐ進んでみることにしました。

芸術の道を進んでゆく

さっそく、野外彫刻を発見。「あなたと・・・明日の空の色について」
PICT0100

続いて、「カリブー」。道路の反対側にあり、車が来る前に急いで撮ったので歪んでいます。こういうところで、トイデジのチープ感を感じます。
PICT0102

途中に3つの黒いとんがりコーンが並んでいる、「両側の丘の斜面」という作品がありますが、失敗したので画像はありません。

こんなところに裸でいると、風邪ひきますよ。「COSMOS」
PICT0106

林道の彫刻作品たち

ここから先は、林道になります。このまま山の中へ入っていくんじゃないかというくらい何もない鬱蒼とした道ですが、クロネコヤマトの車が走っていたのを見て、安心しました。

草が絡みつき、自然と調和しています。「限定と無限定」
PICT0107

西日がいい感じで差し込んでいます。「射影子午線」
PICT0109

中尾彬へのオマージュではない。「森の守護神」
PICT0114

集落に出る

急に開けて、集落に出ました。

本当は真っ直ぐなのになぜか上がへにょって曲がって写っています。「景の切片」
PICT0117

トイデジで街並みを撮ると、よけいに懐かしい感じが増します。
PICT0118

山間の夕暮れ。山梨方面を向いています。iPhone5sで撮影。
IMG_1027

向こうの山には目が付いています。
IMG_1025

基盤に付いているコンデンサーにも見えるし、漂流教室の未来人間のデフォルメにも見える。「FLORA・FAUNA」
PICT0122

小さな錆びたお家。「庵」
PICT0125

ストーンヘッジみたい。「森の記念碑」
PICT0127

山の麓あたり

なんか使徒っぽい。「雨」
PICT0131

ここらへんは栗の木をよく見かけます。秋になると栗拾いをやっている農園もあります。今はちょうど、栗の花が満開の頃。栗の花は、まるで塩素みたいな匂いがします。いつ嗅いでもプールを連想します。
PICT0133

デジハリは接写ができます。栗の花を接写してみました。触るとふわふわしていてかわいい花です。
PICT0136

最後に、甲州街道から見た「緑のラブレター」
IMG_1029

18:55 駅に到着

中央本線になると、がらっと本数が減って20分に一本程度ですが、この時間だとちょうど中央線の東京方面直通電車が出ているので便利です。

それにしても、彫刻作品というのはタイトル見ても説明書き読んでもさっぱり意図が理解できません。なので、彫刻作品に関してはさらっとタイトル読むくらいであまり深く説明は読みません。でも、箱根の彫刻の森美術館にしてもこの藤野にしても、自然の中にぽつんと置かれた彫刻というのは、自然と調和とかそういったチープな言葉で表せるものでもなく、また他の人工物のように自然を迫害しているわけでもなく、なんとも不思議な存在です。でも、美術館で見るよりはよっぽど親近感を感じます。

ただ、一番気になったのは彫刻より何より、途中の農園の看板にあった「きのこ狩り」と「山菜採り」と「栗拾い」なんですけどね。こんな間近なところできのこ狩りできるのはいいですね。ぜひやってみたいです。

おさらい

今回通った芸術の道ですが、途中の里山に散策路があって登ることができます。ですが、道路を歩いていても藪蚊がすごいので、山道に入ったらおそらく容赦無い数を刺されます。この時期の山道はおすすめできません。

21060601_2

記録

途中までNike+を起動するのを忘れていて、黒いとんがりコーンからスタートしています。

  • 所要時間・・・1:10′
  • 開始時刻・・・17:44
  • 終了時刻・・・18:55
  • 距離・・・5.43km
  • カロリー・・・154kcal
  • 歩数・・・7,481歩

駅からだと+30分、+2kmくらいになると思われます。

Massage
  1. kenzo より:

    へーコレ結構凄いですね!
    緑のラブレターはオシャレ!
    余り行く機会無さそうなスポットですがいいですね^^
    もちょいメジャーになっても良さそうなものですが~

    1. sorairokurage より:

      kenzoさん

      いらっしゃいませー。
      意外と知られていないスポットですね。もっと早い時間に行ってゆっくりしてもよかったかもって思いました。

コメントを残す


goToTop