そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

実機で受けるムービング調光卓講習【Hog4ベーシックトレーニング】

またまた、ムービング調光卓の講習を受けてきました。

今回は、八重洲にあるUSHIO本社会議室で実機を使ったトレーニングです。Hogは名前は聞いたことはあるものの、触ったことも見たこともありません。今回が初めてです。
さて、無事に付いて行けるのでしょうか。

USHIO本社にたどりつけない

久々に通勤時間帯に家を出たものだから、朝はよく電車が遅れるということを忘れていました。

まず、ドアに荷物が挟まった対応とかで電車が遅れて乗り継ぎ失敗。そして東京駅では地下鉄丸ノ内線で向かったのですが、八重洲口がわからず東京駅構内を右往左往すること10分以上。
そして、やっと八重洲口方面にある新幹線口を見つけて地上に出たのですが、東側の八丁堀方面へ行かないといけないのに北側の日本橋方面に向かっていることに。途中でなんかおかしいと引き返すも、今度は東京駅に戻れずうろうろ。東京駅ワカンナイ。

なんとか東京駅に戻れたのが、トレーニングの始まる10時ちょっと前。ウシオに電話して遅れる旨を伝え、急いで軌道修正。

どうにかこうにかウシオ本社にたどり着いたのが、10時20分でした。
今度から東京駅へは一番出口のわかりやすいJRを使うことにします。東京コワイ。
20161012_hog4_map

Hog4の概要を知る

講習参加者は5名で。2名と3名に別れて、それぞれ実機を触りながら講習を受けていきます。くらげは、見た感じ、どこかの会社の営業さんという感じのおじさまとペアを組みます。

午前中は、基本的な機能説明と設定の説明です。
先々週にgrandMA2の講習に出ておいたおかげで、Fixtureなどという単語についてはわかるようになりました。Fixtureは器具です。
そしてパッチはFixture Sceduleと言います。

器具はメーカー名から器具名まで「Fixture Schedule」ウィンドウ内に載っているので、そこから選択します。

こちらがHog4。
右側に見えているのは、もう一台のHog4で背面が光っています。この飾りのLEDはセッティングで光量を変えられます。
p1120534

本体の左側にフェーダー。ピントがボケているのはキニシナイ。
p1120538

右側に操作部。トラックボールは青く光ります。p1120539

こちらはシュミレーターのLight Converse
p1120536

そして、午後からは本格的に器具を動かしたりしていきます。お昼しっかり食べて眠いのに、どんどん難しくなるやつです。
ただ、実機だと感覚的にわかりやすいのでPC上よりは理解することができます。

実際に点灯してみる

パッチをしたあとは、Light Converse上で実際に動かしてみます。

器具を選択するには、まとまった台数の器具をすばやく選択するために、グループを作成します。
イメージとしては、仕込み図をベクターワークスやIllustratorで作っている際に移動するときに個別で選択するのではなく、グループ化してまとめて移動させるのと同じ感じですね。
まとめておけば楽ちんです。

グループ

グループは、複数の種類のFixtureを組み合わせて作ることも可能です。

作ったグループは、グループディレクトリの”パレット”という作ったものを記憶して置いておくための場所に記憶させます。タイル状のボタンになっていて、一つ一つ記憶して置いておくことでそのボタンを押せばすぐに記憶したものを呼び出すことができます。

パレット

先程のグループの他に、IPCBパレットというのがあり、こちらには、Intensity(直訳すれば輝度ですがいわゆるゲージのこと)・Position・Colour・Beam(ゴボやフォーカス)の4種類を記憶しておくことができます。逆にないと、いちいち一から設定していかないといけない上に、データが変わればキューデータも一つ一つ変えていかないといけませんが、パレットから選択すればパレットに記憶した内容を修正すればキューデータも一括で修正されるため、パレットを作ることは必須です。

Cue

こうして作ったパレットを使いながらキューを作っていくのですが、キューは卓の左側あるフェーダーに記憶します。左側はいわゆるサブフェーダーみたいなものになっているため、ページの切り替えをすることができます。

一連のキューはキューリストと呼ばれ、Q1〜最後のキューまで同じフェーダーに記憶していきます。
さらにややこしいことに、Sceneという種類の記憶もあるのですが、こちらは一つのCueしか入りません。

CueはCuelistを画面上に呼び出すことができるので、この画面でタイムを入力することができます。

Mark Cue

Mark Cueは、FixtureのIntencityが0%(つまり消灯状態)のときにパラメーターをプリセットさせるための機能です。例えば、Q3でポジションセンター、Goboがアメーバ、カラーはシアンという状態からQ4でポジションは真下、Goboはなし、カラーは生という状態になる場合、Q4になる前にそれぞれのパラメーターをQ4の状態でスタンバイさせないといけません。

そんなときに、Cue3にMark Cueを入れておけばスタンバイ状態になるのです。

Effect

あらかじめ、一連の動きの変化がパターンとして卓に記憶されているものです。Effectディレクトリに数パターンのEffectパレットが用意されているので、任意で選択して動かすことができます。これはgrandMA2にも同じように入っています。

Effectには、カクカクしたやつとかきれいなS字とか三角形状だったりと色んな種類の波形があります。簡単に言うフェイドチェンジやカットチェンジでのチェンジの仕方を変えるものです。波形には、Sine,Tangentなどの波形も出てくるのですが、まさかここで数学が出てくるとは思いもしませんでした。このEffectは、grandMA2にもあります。

こういった機能を使いながらCueを組んで、実際にGoボタン押してみてちゃんと動いてくれると、やっぱりうれしいものですね。

締めくくり

今回は実機を使いながらのトレーニングでしたが、grandMA2同様にPC版もあり、このHog4 PCを使ったアドバンスコースもあります。

今回、このトレーニングを受けるにあたりHog4 PCが必要だと思っていて、WindowsPCを手に入れようと秋葉原を奔走。結局、今まで持っていたMac Book Airをドナ・ドナしてハイスペックのMac Book Pro2014を購入。Boot CampでWindows10を入れてムービング調光卓仕様にしました。

これでくらげも、Hog使いだ!!と言うにはまだまだ遠い道のりですが、少しづつPC版で練習しながらムービングライトの練習をしていこうと思います。

Hog4の詳細は、ウシオライティングの営業サポートブログに掲載されています。

Massage
  1. ゆうき より:

    グランマ2に続いてはブタちゃん4ですか~。熱心ですね!

    マークキューがめちゃめちゃ便利なんですよね!
    Hog2ではその偉大な機能がついていたのに、Hog3初期では無くなってしまい、Hogシリーズの時代は低迷したとさえ言われてる、めっちゃ重要な機能です。
    だって、インテンシティーが0の間に自分でカラーとかゴボのスタンバイをさせなくちゃいけなかったんです。全部のキューで。もうね、パズルですよwww
    それがマークキューならボタン1発!もう、神ですよ!神機能!!

    一般卓と違う概念だから難しいでしょうけど、頑張ってHog使いになってくださいねー。

    1. そらいろくらげ より:

      いらっしゃいませー。

      さすがにフリーランスで「ムービングライトわかんな〜い」とか言っていられないなと思いまして。

      Hog3ではMarkキューなかったんですね。たしかにそれは一大事だ!!
      空飛ぶブタちゃん、かわいくて癒やされますね。何もなくても押したくなります(笑)

  2. みかんうさぎ より:

    こんにちは。私もMacBookProなんですけど、
    ウインドウズ10入れるために
    ブートキャンプ使うか、仮装領域にするかで、
    迷いに迷った挙句、まだ入れずに1年経とうとしてます(笑)。
    あ、夏も忙しかったですが、今年は11月からが激務です。
    行事入りまくりで一日に本番二本立て三本立ても平気であって、
    おかげで朝っぱらから深夜まで13時間ぐらい労働して、
    なおかつ他所の管理ホールも手が足りないから手伝いに来いとか
    無茶振りなシフト組んでいるくせに、
    しかし残業代は出せないから自分で時間調整よろぴく♪とか、
    わけわからん司令が上の方から飛んできています。
    ・・・・・・無理。

    そんな毎日です。体調管理だけは気をつけてます。
    くらげさんも風邪ひかないように気をつけて。

    1. そらいろくらげ より:

      いらっしゃいませー。

      ブートキャンプはいちいち再起動させるのが面倒なので、容量は食うけど仮想領域をおすすめします。

      催事が一日二本以上ってかなりしんどいですよね。
      自分で時間調整しろっていうなら、せめて代務入れて早入り遅い入りのシフト組ませろって言ってやりたいですね。

      最初にいた照明会社がそんな感じでした。
      メチャクチャなシフト組む会社は社員の労働時間なんて一切気にしないし、他よりも給料安いですし、まず残業手当を捻出しようとする努力もしませんね。

      みかんうさぎさんのところに近ければ、代務なりで応援に行くのに。
      どうか、繁忙期を無事に生き抜いてください。

コメントを残す


goToTop