そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

ドライブ中にタイヤがパンクして一人で修理した話

今週、22日、23日、25日と仕事が入っているのにぽっかり予定が空いている今日。
夕日に染まる富士山と山中湖を撮りたくて、カーシェアリングで山梨方面まで走ることにしました。

15:20 出発

今回は、地元駅のタイムズカープラスステーションは空きがないため、繁華街の駅から徒歩10分のところにあるコンビニ併設のステーションで借ります。車種は、SUZUKIのソリオ。普通車です。車高とシートが高いためちっちゃい人には運転しやすい車です。

まずは、山梨県道志村を目指します。道志は山に囲まれたのどかな村で、川沿いに道の駅があります。予定到着時刻は、17時前です。

ところが、世間は連休真っ只中の中日。ところどころで渋滞にハマり、神奈川県相模原市内を抜けることができたのが、17時過ぎのこと。
さらに途中でうっかり左折ポイントを見逃し、リルートで戻るまで20分の時間損失。

18:15 道の駅どうしに到着

ひたすらカーブの続く山道を進み、到着したのは18時過ぎです。
道の駅は閉店していて、すでに真っ暗な状態です。

トイレ休憩だけして、出発。今度は山中湖に向かいます。
この先は、ハイビームにしていないと真っ暗すぎて見えません。

18:50 山中湖に到着

山中湖へは、30分ほどで到着。

まずは、真っ暗な山中湖をGM1で撮影してみます。

やはり、キットレンズだと厳しいですね。望遠レンズがほしいです。
この時間の山中湖は、気温が-2度。寒いのですぐに車に戻りました。

何はともあれ腹ごしらえだということで、山梨県内に数店舗あるほうとう屋さんの小作山中湖店でほうとうを食べることにします。

頼んだのは、鴨肉ほうとう。
iPhoneで撮った写真より赤みが強いです。

すっかりお腹満足で身体も温まったので、これより家路に着くことにします。

19:45 山中湖を出発

都内に戻るルートは、北上して河口湖インターから中央道に乗って高速一直線コース、中央道都留インターチェンジで国道20号線に降りて下道コースと、南下して御殿場から東名で高速一直線コース、ひたすら下道で246号コース、来た道を戻る道志みちコースの5パターンあります。

北上コースは富士吉田で渋滞にはまるため、今回は南下してひたすら下道コースを選びました。

ついでに反対側からも山中湖を撮ってみました。

山中湖から御殿場方面へは、富士五湖道路山中湖ICで下るか、国道138号線で下るコースがありますが、空いていれば30分で須走まで下れるので特に有料を使う必要はありません。
須走からは138号線で御殿場まで下るのですが、こちらは結構渋滞するので、須走で左折して冨士浅間神社の前を通って県道151号線を使うのをおすすめします。
こちらはほぼ交通量がなく信号もほとんどないので、20分位で国道246号線に出ることができます。

246号線に出たら、そのまま神奈川県松田町まで向かいます。御殿場ICから東名高速に乗ったところで、この辺りは車の量が多くさらにカーブも続くため、けっこう消耗します。
一方、246号線だとこの辺りは車の量が少ないためすいすい進めます。松田町に着いたら国道255号線に入り、大井松田ICから東名に乗れば楽に東京方面へ向かうことができます。

今回、くらげはさらに246号線で北上し、東名厚木ICで高速に乗ることにしました。夕方までは秦野市内で渋滞に巻き込まれますが、20時も過ぎると落ち着くので、比較的順調に進めます。
予想通り、秦野市内で渋滞に巻き込まれることもなく順調に通過しました。

しかし、伊勢原市内に入ったところで、車の異変に気付きました。
走っていると、後ろから何かバタバタというような異音が聞こえてきます。この先、高速を使うので入る前にコンビニに寄って確認しよう。そう思ってコンビニを探していると。

21:15 パンク発生

突如、バスンという音がして走行が急に不安定になりました。

バーストしたー!

すぐさま、近くのマックの駐車場に避難し、タイヤを確認。すると、助手席側の後輪タイヤがぺしゃんこになっていました。
バーストというよりはパンクのようです。

タイムズカープラスに電話して、状況を伝えます。

くらげ 「パンクしたのですが、どうしたらいいですか?」
担当者 「方法としては、パンクを修復して自走で借りた駐車場に戻っていただくことになるのですが、その場合は返却された時間が利用時間となります。修復が不可能が場合はレッカー車を手配いたしますが、その場合はこのお電話をいただいた時点で利用時間は終了とさせていただきます」
くらげ 「修復方法を教えてください」
担当者 「まず、後部のトランクを開けて頂き、その下を開けていただきます」
くらげ 「あ、その下にスペアタイヤが入っているんですね」
担当者 「いえ、今の車はスペアタイヤが装備されているのではなく、修復キットを使っていただくことになります」

最近の車にはスペアタイヤがないことを、ここで初めて知りました。どうりで、トランクが小さいわけだ。
修復方法を教わり、さっそくタイヤの修復に取り掛かります。

それでは、修復作業を開始いたします

あいにくペンライトを持っていなかったため、薄暗い中での作業です。

  1. まずは、ジャッキを取り出して車をジャックアップします。
    このジャッキを取り付ける場所がわかりにくいのですが、車の説明書でしっかり場所を確認しながら取り付けないと傷が付くだけでなく不安定になるので危険です。
  2. プラスチックボトルに入っている白い液体を取り出します。

  3. ボトルが入っている袋には、黄色い部品が入っている小袋があるので、その中から黄色い矢印みたいな部品を取り出します。
    この部品はコア回しといい、タイヤバルブの内部に装着されているコアバルブを取り外すものです。

  4. コア回しを回して慎重にコアバルブを取り外し、なくさないように小袋にいれておきます。
  5. 修復剤をよく振り、キャップを外して注入チューブを取り付けます。アルミ蓋が付いていますが、そのまま装着して大丈夫です。
  6. チューブをバルブにしっかり修復剤は粘着性のあるゴム材なのでしっかりボトルを押して注入していきます。
    しっかり注入しないと、こうなります。
  7. 注入後は、チューブを抜いてコアバルブをしっかりねじ込みます。
  8. 10分待ってから、エアーコンプレッサーを取り付けます。電源はシガーライターソケットに差し込み、もう片方はバルブにねじ込みます。
  9. キーを回してACCにするか、電源ボタンを押して車の電源を入れます。かなり動作音がします。
  10. エアーコンプレッサーの電源を入れて昇圧させます。10分ほどかかりますが、10分以上作動させると故障の原因になりますので注意してください

詳しくは、下記サイトを参照してください。
三菱自動車工業 『スペアタイヤのないクルマの場合は!』

下記の動画もどうぞ。

以上の方法で作業し、ジャッキを降ろしたところ再びぺしゃんこのタイヤになったため、修復を諦めて再びカープラスに電話。レッカー車を呼んでもらうことになりました。

22:45 レッカー車到着

レッカー車が到着するまでは、40分あるためひとまずマックで温かいお茶でも飲みながら落ち着こうと思ったら、22時閉店でした。トイレを借りて、手を洗うだけで終了。

あとは、車の中で暖を取ったり周辺を散歩したりして過ごします。なんかやけに救急車が脇の道を入っていくなと思っていたら、東海大学病院の目の前でした。

ぶらぶらしていると、大きな車が駐車場に入っていくのが見えました。レッカー車来たー。
作業員の方に見てもらうと、タイヤにぐっさり刺さっている物体を発見。お前が犯人かー!

もう一度昇圧作業をしたものの、やはりぺしゃんこのままで変わらないため、何箇所か穴が開いているのではという結論に至りました。
しかし、あとでコアバルブを戻し忘れていたということに気づいたのは内緒です。ええほんとすみません。

車を引き渡し、書類にサインをして完了です。
ちょうど小田急線の伊勢原駅まで歩いていける距離だったため、終電で無事に帰宅することができました。

補償について

タイムズカープラスを利用した場合、レッカー手配はタイムズカープラス専属のレッカー業者になるため、カープラス側で手配してくれます。
また、費用に関しては予約の際にTCP安心補償に加入していたため、レッカー費用は掛かりませんでした。

TCP安心補償は、加入料金の309円を支払うだけで事故を起こした場合のNOC2万円から5万円、パンク、バッテリーあがり、キーのインロック、ガス欠などの実費及びレッカー搬送台がすべて免除となります。
なので、何かあったときのために借りるときは必ず加入しています。

また、レンタカーを借りる際、少しでも料金を安くするために免責補償の1,000円を付けるかどうかで悩むときもあるのですが、免責補償も入っておいたほうが絶対にあとで後悔しません。
自損事故というのは、ほんの些細なことで発生します。

今回は、補償に助けられました。補償、大事です。

修理剤について

近年、スペアタイヤの装備は義務化ではなくなったため、車両の軽量化や居住スペースの充実化のためにオフロード系以外は非搭載が増えているようです。
スペアタイヤに変わり、トランクの下には修理剤とエアーコンプレッサー、ジャッキとスパナが装備されています。

パンク修理剤は、使用期限が2〜3年ほどで買い換えないといけません。マイカー所有の方はすぐに期限を確認して切れていたら買い替えてください。

ルートのおさらい

コメントを残す


goToTop