温泉めざして走れ

連休三日目です。
久しぶりに、レンタカーを借りて温泉に行くことにしました。

計画は先週から立てていたものの、どこに行こうかさんざん迷い、決意したのは今日の昼前です。すでに、隣駅のオリックスとトヨタはコンパクトカーサイズが予約でいっぱいのため、今回は三つ先の駅にある、ニッポンレンタカーで借りることにしました。
ネットで空車状況だけ確認し、予約しないで行ったところ、出て来た車は、日産のマーチでした。くらげとしては、外れの車です。
vitsやFitの方が運転しやすいので好きです。マーチは、運転しづらいので嫌いです。

通常、レンタカーでは返却するときに、満タン返しが基本です。しかし、このニッポンレンタカーでは、予想される距離分のガソリン代を先に支払ってしまうと、満タンにして返さなくて済み、それ以上に消費しても、上乗せはしないというサービスがあります。紹介されて、迷わずそのサービスを利用することにしました。これで、ガソリン代を気にせず走れます。

それでは、出発進行~!!

出発した時間は13時。久しぶりの運転ですが、何とか快調にスタートを切りました。

山梨に向けて出発

ところが。
30分ほど走ったら、すでに腰が痛くなりました。やっぱりこの車とは相性が悪いみたいです。

街道を抜け、山を抜け、旧街道に入り、まずはお昼ご飯を食べることにしました。

ところが。
そばが食べようとそば屋を探したところそば屋は見つからず、次第に山に入って来たところで、いいやもうフェミレスでと思った頃にはすでにファミレスは何軒か過ぎ去ったあとで、国道20号に入ったら周りは何もありません。

急カーブの続く相模湖を過ぎ、ようやく山梨に入りひたすら走っていると、16時頃になってようやく道の駅を発見しました。

甲斐大和というところです。
img5ea47247zik8zj.jpeg

さすがに標高が高いので、空気はひんやりします。少しだけ、雪も残っていました。中でかけそばを食べ、ようやくお腹は満たされました。

目的地周辺で迷う

ここでようやく、カーナビに道案内してもらうため住所を入力し、再出発です。親切すぎてうっとおしい道案内をしてもらい、ようやく目的地付近に来たところ。
「目的地周辺に到着しました。音声案内を終了します」そういうと、カーナビのやつは、黙ってしまいました。

おいこら、まだ着いてないってばヽ(#`Д´)ノ

と怒っても、うんともすんとも言わないので、仕方なく自力で探すことにします。

目的地周辺をうろうろしていると、ようやく道案内の看板を発見。古い住宅の並ぶ狭い路地を入ります。目的地へ繋がる道は、大きいワンボックスだと入るのがぎりぎり、コンパクトカーでもすれ違うのは大変な道です。
ゆっくり進み、ようやく目的地らしき建物を発見したものの通り過ぎてしまい、しばらく道なりに進んで引き返し、ようやく到着しました。

もう、ナビなんて信じるか~!!

ええ、学校公演時代もこうして泣かされた思い出があります。過ぎてから右に曲がれとか。

こうして17時過ぎ、ようやく到着することができました。

今日の目的地はこちら。
img28307c8ezikezj.jpeg
正徳寺温泉『初花』です。

さっそくお風呂へ

フロントで料金を払い、さっそく女風呂を目指します。さすがに平日の夕方とあって、客は数えるほどしかいません。身体を洗い、まずは源泉の内風呂に入りました。

ぬるいけど気持ちいいな~ε=(*´▽`)

源泉の温度は、36度と低めです。その分、のんびり入れそうです。お湯の質感はぬるぬるです。色は、すこし褐色ぽい感じがします。源泉掛け流しのため、湯の注ぎ口にはコップがおいてあって、飲泉できるようです。

続いて、露天風呂に入りました。露天風呂は、広い露天と大きな樽でできた樽風呂、そして寝風呂、水風呂、サウナがあります。
さすがに、この温度では寒いので、まずはサウナで身体を温め、それから寝風呂でゆったりぷかぷかと浮かびます。

は~極楽じゃ~(´~`)

しばらく空を眺め、冷えて来たらサウナで身体を温めます。空が暮れ行くころには、すっかり身体が温まりました。
外が暗くなって来たので、今度は内湯を楽しみます。少し湧かした高温泉で温まり、温泉を飲んで水分補給しながらぬるい源泉に入り、のぼせそうなところで、上がりました。

次は、お待ちかねの夕飯です。この建物は、もともとウナギの養殖をしていたところです。そして、温泉を掘り当ててこの初花ができました。
なので、ウナギ料理がおいしいのだそうです。

ということで、さっそく頼んだのはウナギの白焼きです。さばいてから調理するため、20分ぐらいしてようやく運ばれてきました。
img51cdbaa5zik8zj.jpeg

きゃ~おいしそ~ヾ(≧∇≦*)〃

それではいただきま~す。

食べかけですが、アップでご覧ください。
imgbe58931ezik4zj.jpeg

うなぎは、わさびを溶いた醤油でいただきます。うなぎがもう、箸で簡単に切れるくらい柔らかいんです。おしんこも、自家製のような感じがします。お吸い物もたまりません。
これで1800円とは、驚きのお値段です。すっかり、身も心も満足です。

東京に向かって走る

帰り道は、ナビをただの動く地図として使っていたので迷いましたが、何とか国道20号に入ることができました。
帰りはほとんど車もおらず、信号も掴まらないので、すいすいと進んで行きます。気付けば、19時過ぎに出て1時間もかからず大月に出ました。

大月で少し車が増え、ふとバックミラーを見ると、ぴたりとくっついて走る車がいます。よく見ると、くらげが学校公演していたころと同じハイエースでした。
そのため、ふと学校公演のころを思い出しながら、ひたすら走り続けました。

そして、前をひたすら走る車は、以前くらげ本家で乗っていたスズキのエブリィです。何だか乗ったことのある二台の車に挟まれて、不思議な気分です。
そのままこの3台が続いてひた走り、相模湖まで差し掛かりました。

後ろのハイエースは宇都宮ナンバーなので、このままひたすら甲州街道を東京方面へ走り続けるのかと思っていたら、いつの間にかいなくなっていました。
そして、前を走るエブリィも、大垂水峠に差し掛かる手前でいなくなりました。

気付くと、くらげ以外に一台も車はいません。一人寂しくひたすら甲州街道を北へひた走り、都内に入ってだいぶ走ったところで右に曲がり、街道に入り、青看板で行き先表示を見ながらひた走り、さんざん迷って遠回りしながら、ようやく営業所へと到着しました。

22時、無事故で無事に帰還です。
ただいま~。

ところが。

家に着くと、あまりの寒さにそれまでぽかぽかしていた身体が、一気に冷えていきます。
結局、お風呂に浸かり直し、せっかくの温泉成分が儚くも流れていったというオチが付きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください