調光卓の病状再発

始業9:00 終業17:00
本日の催事・・・2人芝居・4日目

家の屋根が飛ばされるんじゃないかと心配で、あまりぐっすり眠れませんでした。

さて。
今日は本番4日目です。今日から千秋楽までは、昼公演のみです。
ここまで、大きなトラブルもなく来ていた4日目。ついに、起きてほしくないことが起きました。

それは、2幕の途中の出来事でした。

くらげは、本番を見ないで机でパソコンを開いていました。すると、「あ!!走った!え?何でなんで?」というオペレーターさんの声が聞こえたのです。
何だろうと思って調光卓に向かい、話を聞きました。

この先のシーンでは、緞帳を閉めて舞台転換中に照明でダンスシーンを見せます。ストロボを炊いて、ソースフォー数台でダンスしている種板を出し、チェイスであおるのです。
あと少しでそのシーンが来るため、チェイスを走らせてフェーダーだけ落としていました。
すると、フェーダーを上げていないのに、チェイス明かりが一瞬点灯したと言うのです。ちょうどそのときフェーダーに手を掛けていたので、0.5%くらいは上がっていたのですが、インジケーターに表示されたゲージは50です。

明らかに、前回サブのときに起きた症状と似ています。
チェイスを使うシーンはそこだけだったので、シーンが終わったあとすぐにチェイスを消しました。

くらげは、すぐに松村へ電話し、管理担当に報告。連絡待ちとなりました。
そのまま、このあとも何か起きるといけないので、近くで本番を見守ることにしました。

このあとは、何事もなく終了しました。

と、思ったら。

カーテンコールのとき、上手付近に白くて長いものがことんと上から落ちてきました。
最初は客が投げたものだと思っていたら、あとで聞くと緞帳用のレールから部品か何かが落ちて来たようです。

今日は、何だかいろいろ起きています。

本番後、オペレーターさんに症状が起きたときの状態を再現してもらうと、やはり同じ症状が出ました。
チェイスを走らせ、フェーダーを0.5だけ上げていると、50%でチェイス明かりが出るのです。もちろん、通常は0.5上げて50で出るはずがありません。

またこの間みたいに、調光卓内部で配線が挟まっているのではないかと卓内部を見ましたが、挟まっている様子はありません。
そして、松村からの連絡で今日は誰も身動きが取れないので、明日の朝一番で向かいますと連絡が来ました。

明日は11時30分入り予定だったのに、9時入り決定です。

調光卓め。ε=(。・`ω´・。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください