そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

調光卓の大手術

始業9:00 終業18:00

まだ、近所で「ホウホケキョ」と聞こえて来ません。

さて。
今日は、空き日です。待ちに待った大手術の日です。くらげではありません。調光卓です。
去年からたびたび不具合が出ていた、くらげホールの調光卓。何度もいろんな症状が出ているにも関わらず、製造元の松村電機による保守点検でも症状が出ず工場でも症状が出ないため原因がわからないため、困り果てていました。

そして先月のこと。
2月から不具合が出始め、原因を探っていたところようやく原因が判明したのです。
それが、保守点検時に調光卓の表面を開いて閉めたとき、表面のパネルの蝶番に内部配線が挟まり、そのせいで誤作動が起きているのだろうという結論になりました。
人間で言うと、脳の神経が圧迫されて痙攣やめまいなどが起きている状態です。

ところが。
蝶番を除けて内部配線を整理して這わせたにも関わらず、またしても調光卓が暴走。
今度は、メモリー関係で一番重要な基盤を取り替えたところ、ようやく症状は収まったのです。
結果、原因はこの基盤が原因であろうと結論が出ました。

そして、蝶番に挟まっていた配線は銅線が痛んでいると思われるので、すべて交換することになりました。
こうして、今日は配線全部を取り変えるという大手術が行われることになったわけです。

先生、どうかうちの子をよろしくお願いします!! (ノД`)・゜・。

手術中は、事務所番をしないといけないので、管理室で手術が終わるのを待ちます。
手術の結果、脳神経はすべて取り除かれ、新しい神経が取り付けられました。
imgef6a70f9zik2zj.jpeg

そしてさらに、重要な基盤も取り除かれ交換されました。
img80d5f465zikczj.jpeg

この基盤は、大脳の一部です。この基盤が脳神経である配線によって圧迫され、一部損傷を受けていたというのです。その結果、脳障害が起きて暴走などの症状を引き起こしていたようです。
この基盤は、今回は新しい物がなかったのでサブ卓に入っていたものと交換しました。なので、後日新しいものと交換します。

こうして、手術は終わりました。
img2dddd5f4zikazj.jpeg

術後の検査では、動作に異常が見られませんでしたが、本当に手術が成功したと言えるのは、基盤を交換してしばらく動いてみてからになるでしょう。
今月半ばに基盤交換、最終の検査結果が出るのは、月末です。

コメントを残す


goToTop