舞台図面作成ソフトは何を使っているかアンケートを取ってみた

以前、Vectorworksに代わるフリーCADソフトを探す記事を書いたところ、未だに高い確率で読まれ続けています。
それだけ、Vectorworksのようなドロー系のCADソフトを探している人は多いのだと実感しています。

その時の記事:フリーのCADソフトで、仕込み図は書けるのか試してみる

ところで、舞台スタッフは実際にはどんなソフトを使って舞台図面や照明仕込図を描いているのか実態を調査してみようと、この度Twitterのアンケート機能を使って調査してみました。

アンケート結果

予想通り、VectorworksとIllustratorがほぼ同じくらいの確率です。
Illustratorは、そのままでも使用できますが、縮尺を必要とする場合にはBPT-Proなどの有料のプラグインを入れる必要があります。

有料ソフトと無料ソフトについては、2名の方から使用ソフト名のご回答をいただきました。
Drafting CAD Pro(有料版)
Illustratorの縮尺プラグインBPT-Pro
SketchUp(3D用CADソフト)
Microsoft Visio

アンケートを取ってみて

正直なところ、圧倒的にVectorworksだと予想していたのですが、意外とAdobe Illustratorも多かったですね。

ちなみに、くらげはVectorworksを使用していた時期もありますが、今はIllustratorを使っています。
特に縮尺プラグインは入れていません。今のところはそれで事足りています。

他にも、こんなソフト使っているよというのがあれば、コメントいただけるとうれしいです。

3 Comments

みかんうさぎ

こんにちは。これだけみんながベクターワークス以外の
ソフトを求めているというのは、ベクターが高すぎるからだよね。
Illustratorのソフトは持ってるけど、これで図面描いたことなかったな。
今度試してみます。てか、うまく使う方法の記事、ぜひアップお願いします。
未だにイラストレーター使いこなせない。。。

返信する
そらいろくらげ

いらっしゃいませー。

ベクターはバカ高です。使いやすいんですけどね。
Illustratorは、縮尺プラグインの試用版を使ってみて使用感を記事にしようと思っているんですけど、プラグイン使わないで書く方法もそのうち書きますね。

返信する
kaz

VectorWorks を縮尺付きドローソフトとして使っているなら、他のソフトでも代替出来ますが、VectorWorks Spotlight の機能まで使ってると替わるものが無いんですよね。
逆にCinema3Dエンジンに関わる機能は、使い物にならないので、RenderWorksを分離して安くして欲しいところです

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください