そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

郊外のホールでカラオケ大会

今日は、首都圏郊外でカラオケ大会のオペレートです。

照明は2名で、もう一人の方もフリーのお姉さまなんですが、なんと会社にいたときに行ったバレエ現場で一緒の方でした。
場所は、駅からバスで40分の郊外にある町立文化会館です。山に囲まれたのどかな場所にあります。

スケジュールは、10時30分開場の11時開演です。
それだけで、なんて余裕があるんだろうと思ってしまう小屋付きの方は多いと思います。

仕込みはすでに前日のうちに終わっているので、今日は仕込みは追加分のミラーボールのみです。

ピンチェック

ピンスポットは1台だけ使用するので、調整はお姉さまにお願いすることにしました。
そのあと、調整したピンを使用させてもらうと、「おお〜!なんて快適な!!」という状態でした。

ピンチェック時に、誰もが重心を調整しているのは知っていたのですが、どう合わせるのかを今まで理解していなかったのです。
重心を合わせるのは、手を離しても上下に振れないようにするためだったんですね。操作が非常に軽くできるようになりました。

あと、椅子の上に箱馬を置き、思い切り高くすると、体勢が非常に楽になりました。

それから照準。ちょっと前に、ようやくくらげも照準器を導入しました。ドットサイトというサバゲーのモデルガンに使う銃の照準器です。
でも、どうしてもうまく調整できなくてずれてしまい、結局いつもの白ガムテの照準でやっていました。

ところが、お姉様の照準器だと驚くくらいビシバシと目標物を一発で撃ち抜くことができるのです。

いろいろと、目からウロコでした。
今も昔も、こうしてフリーの方からいろいろ教わっています。

調光は、一般照明とLED PARを操作します。LEDは、フットライトとジョーゼット当て、プラダンで作られている行灯に使用しています。
ホールの調光卓は、松村のメモリなし3段プリセット卓、LEDの操作卓はErationのScene Setterです。

こんな感じで卓二刀流。

持ち寄ったお菓子を食べながら交代でオペレートを行い、17時過ぎには無事に終演しました。

たまにはカラオケ大会も楽しいです。毎週はイヤですけど。

Massage
  1. みかんうさぎ より:

    くらげさん、お久し振りです。
    フリーでお仕事順調みたいですね。
    私は相変わらず、小屋でグダグダやってます(笑)。
    夏に向けて仕事激化中です。

    「お姉様の照準器」ってどこの品だったんですか?
    知りたいです。私がピンやることほとんどないんですが、
    最近目が悪くなりすぎて、ガムテなどの手作り照準は
    ほとんど役に立たない・・・。

    ではでは頑張ってくださーい。

    1. そらいろくらげ より:

      いらっしゃいませー。

      最近は、ホールの仕事が月7〜10本、現場が1〜2本入っています。
      照準はメーカーがわからなかったのですが、形的にこれだと思います。
      https://www.amazon.co.jp/SIIS-SDO-32-%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%84%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%82%B9-%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC-%E3%83%A2%E3%82%A2-%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB-%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88/dp/B01DRWIUNG/ref=sr_1_230?s=hobby&rps=1&ie=UTF8&qid=1496015367&sr=1-230

      この照準に、ボルトっと固定するプレートなどを付けて10センチ位かさ上げすると両目で見ても見やすくて、なおかつ若干頭を付ける位置がずれてもバシッと当たります。

コメントを残す


goToTop