今年もお腹いっぱいびわを食べる房総の旅〜びわ狩り編〜

千葉ではいろんな味覚狩りが楽しめるのですが、その中でいちばん有名なのがびわです。
南房総市富浦では、皇室にも献上されている房州びわを栽培している農家が多くあり、この時期はびわ狩りを体験することができます。

くらげは、一昨年の2015年6月に初めてびわ狩りを体験し、大好きなびわをお腹いっぱい食べることができました。
前回体験したびわ刈りのお話:びわをお腹いっぱい食べる房総の旅

びわ狩りのできる時期は、毎年天候によって変動します。去年は5月から暑い日が続いたこともあり、露地びわの収穫期は5月末から6月初旬で終わってしまっていて、行くタイミングを逃してしまいました。
今年は気温が低いため例年よりも2週間ほど遅れており、6月下旬まで楽しむことができます。

ということで、今年もびわを心ゆくまで食い散らかします。

バスタ新宿から君津駅へ

毎回、内房には横須賀の久里浜からフェリーで向かっていましたが、電車とバスとフェリーを乗り継いで行くと富浦駅までは4時間近く。
しかし、木更津から高速バスを使ってみたら、新宿駅に70分ほどで到着します。

ということで、今回はちょうど2016年4月に完成したバスタ新宿から君津駅行きの高速バスを使います。

バスタ新宿は、その名の通りバスターミナルです。新宿駅直結じゃないけど、今まで乗り場が新宿駅の周囲に分散していたときと比べると格段に便利になりました。チケット売り場と待合室があるのも嬉しいです。
今回は事前予約しないで、直接券売機で購入します。

8時30分の日東バス君津行きに乗り込んで出発。

乗客はわずか5名ほどなので快適です。車内にはトイレも完備しています。
経路は首都高からアクアライン経由で館山道に入り、君津ICで降りて君津バスターミナル等を経て君津駅南口に到着します。
所要時間は70分ほど。9時40分到着予定です。

首都高は2015年に前面開通した中央環状線を通るため、渋滞の多い都心環状線を通らず直接湾岸線へ繋がり、アクアラインへ入ります。
所要時間は都心を通っていたときと変わらないのに、何だかあっという間に着いたという感じです。

君津駅からカーシェアリングで富浦へ

君津駅からは、タイムズカープラスを使って、車で富浦を目指します。
富浦までは内房線で10駅ほどで着きますが、びわ農家が車じゃないと行けないところにあるため車が必要になるのです。

この旅での相棒は、トヨタのVitzさん。久々に乗ります。

9時50分、君津駅前のタイムズを出発です。
高速道路を使えば富浦には40分位で到着しますが、せっかくなのでのんびりと下道で向かいます。

君津からは国道127号線(通称、内房なぎさライン)を使ってひたすら南下していき、まずは道の駅とみうらを目指します。
この時期のこの時間帯は非常に眩しいのに、何箇所も暗いトンネルがあるので、けっこう目が疲れます。やっぱりこの時期は運転にサングラスは必須ですね。

道の駅とみうらでびわ狩りを予約

2時間ほどで、道の駅とみうらに到着。
道の駅とみうらには枇杷倶楽部という名称があり、その名の通り房州びわとびわを使った商品の販売をしています。また、びわ狩り、いちご狩りの情報もここで得ることができます。

さっそく、インフォメーションでびわ狩りについて尋ねると、びわ狩りをしているびわ農家を紹介してくれました。
ここで聞かれたのが、車の有無。今回は、もちろん車で来ていますと答えました。実際、どのびわ農家も車じゃないと行かれないところばかりです。

料金はこちらで支払います。チケットと地図をもらい、さっそくびわ農家のお宅へ向かいます。

びわ農家に向かう

今回紹介されたびわ農家は、大宮本農園さん。枇杷倶楽部から車で10分位のところにあります。

相棒のVitzさん。停めるところがないので路駐しています。

こちらが大宮本農園さん。田んぼの中に立つノボリが目印です。

おじゃましま~す。

中では収穫されたびわを販売しています。

びわを食い散らかす

びわ農園はお宅の裏山にあるので、案内のおじさんと向かいます。

こちらがびわ農園です。

まずは、品種の食べ比べ。
甘い方の「大房」と酸味のある「田中」をそれぞれ食べ比べます。くらげは、酸味のある「田中」のほうが好みでした。

ではさっそくびわ狩り開始。制限時間は30分です。

びわは、このように袋に包まれています。これをブチッともぎ取ります。

ああ、房州びわよ。2年ぶりに会えたね。

皮を剥いてと。皮は先端から剥くとぺろんときれいに剥けます。

いただきまーす。ああ、幸せ。このままびわに埋もれたい。

見よ、この黄金色に輝くびわを。

どんどんもぎ取ります。

剥いた皮と袋、種などはすべてバケツに入れます。

制限時間終了5分前。さすがに、20個近くも食べるとお腹がはちきれそうです。ここでやめておくことにします。
バケツを返し、手を洗ってから傷物の安いびわ詰め合わせを買って帰りました。

はー、心もお腹もまんぞくまんぞく。

びわ狩りについて

道の駅とみうら枇杷倶楽部

びわ狩りの情報は、道の駅とみうら枇杷倶楽部のサイトで確認することができます。

びわ狩りの時期は、17:30までに受け入れのびわ狩り農園の生育状況を確認して受け入れ可能な人数を取りまとめているため、びわ狩りの前日17:00〜18:00の間に電話で予約します。
電話は5本の回線で対応しているそうですが、土日の予約は大変混むため予約を取るのは大変なようです。

千葉県南房総市富浦町青木123-1
Tel:0470-33-4611
営業時間:9:15~18:00
休館日:年中無休

料金

6/6~6/15= 2,200円
6/16~6/25= 2,000円

びわ狩りの注意

  • 車は必須
  • 何度か述べているとおり、びわ農家は車歩いて行けない場所にあります。
    レンタカーは富浦にはないので、木更津や君津などの大きな駅で借りる必要があります。

  • 汚れていい服装と足元はスニーカーで
  • びわ農園は傾斜のある山になっています。足元も不安定な場所が多いので、スニーカーじゃないと辛いです。
    それと、汚れてもいい服装がおすすめです。肌が露出していると日焼けや蚊に刺されが起きるので、長袖が好ましいです。
    また、食べている最中は手が汚れてカメラやスマフォが持てなくなるので、手を拭くタオルや手ぬぐいもしくはウェットティッシュは持っておいたほうがいいです。

おさらい

新宿から富浦まで

道の駅とみうら枇杷倶楽部から大宮本農園まで

次回のお話:今年もお腹いっぱいびわを食べる房総の旅〜びわ狩り編〜

2 Comments

ゆうき

房総半島いいなぁ〜。
大好きなんですが数年に一度しか行く機会がなくて。濃い思い出がたくさんありますー。
農園さんの周りの風景とか最高ですね〜。

びわ狩りかあ〜。一度やってみようかな。

返信する
そらいろくらげ

いらっしゃいませー。

ゆうきさんならきっと、川崎から東京湾を泳げば10分位で着くのではないでしょうか。
ゴジラに気を付けてくださいね。

農園周辺の田園風景、いいですよね。なんだか落ち着きます。

びわ狩り、楽しいですよ。
ただ、さくらんぼ狩りと時期がちょうど被るので、両方行くには天候を見ながら日程の調整が必要になりますね。
くらげは、来年はさくらんぼ狩りとびわ狩りの両方に行きますよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください