山梨のぬるい温泉でまったりゆったりほっこり

くらげ一家で、久々の温泉日帰り旅行に行ってきました。
今回は、こちら。正徳寺温泉 初花です。
今年の2月に、くらげが行ってよかったので、今回は一家で行くことにしました。
前回の記事はこちら。2月23日の記事

くらげ実家駅で待ち合わせして、さっそく出発進行~!!

246号を御殿場方面に向かい、138号線をひたすら河口湖方面までひたすらひた走ります。高速は使いません。峠を越えます。
河口湖に来たら、今度は石和方面へ向かいます。また峠越えです。そして、3時間ほどでようやく目的地に到着。

個室のお部屋でお昼ごはん

今回は、個室を借りてゆっくり食事をしてから入ることにしました。個室は、入浴時間と同じ3時間と6時間コースがあり、食事をすると30分延長になります。今回は、3時間コースにしました。

こちらがお部屋です。6畳ですが、3人だと充分です。
部屋

周りはぶどう畑なので、2階でも景色は堪能できます。
部屋からの眺め

今回は、奮発してうな重の上を頼みました。
うな重の上

拡大してみました。
うな重拡大

ここは、元々うなぎの養殖場で、ご主人は日本料理店の店主だったそうです。ここの水で育ったウナギは、他の養殖場より元気がよくておいしいそうです。
それでは、いただきます。

乗っているうなぎは、ふっくらとしていて身は厚く、箸で簡単に切ることが出来ます。ここのうなぎを食べたらもう、スーパーのウナギなんて食べれません。
おいしいタレの乗ったウナギを、たれのしみ込んだご飯に乗せて口に入れると、ほんのり炭火焼の味がしました。そして、じゅわっとウナギの脂と一緒に甘辛いタレが口の中に広がります。

あ~、もう、シアワセ♪   +。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+

しっかりと、ウナギ様を味合わせていただきました。
ごちそうさまでした。

お風呂に入る

しばらくまったりしたあとは、いよいよ温泉のお時間です。

ここの温泉は、掛け流しなので飲むことが出来ます。浴場入り口に飲泉場があるので、ここでしっかり水分を取っておきます。
前回は右側が女湯でしたが、今回は左側でした。入れ替わり制のようです。

さっそく、身体を洗ってから内湯にぷかぷか浮かびます。高温湯でも、38度くらいのちょうどいい温度なので、茹でくらげにならなくて済みます。
そして、しっかり身体を温めてから、広い露天風呂に移ります。

さすがに外はひんやりしていますが、広々としていて、開放感いっぱいです。
サウナに出たり入ったり、ジャグジーで揉み解されたりしながら、1時間近くゆったりと浮かんでいました。

お風呂から出たあとは、部屋に戻ってほっこりと寛ぎます。部屋があると、のんびりできていいです。
そのまま、3人でしばらく昼寝しました。

あ~、このまま布団敷いて寝たい。

しばらくだらだらして、夕方帰途に着きました。3時間でも、充分寛げます。
帰りは、くらげの運転です。途中の峠越えでエンジンマークが点灯することがありましたが、無事に二つの峠を越え、行きよりも早い時間で帰って来ることができました。

ウナギと温泉のおかげで、心も身体も満タンです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください