現場仕事を目指すか小屋付きのままでいるか

今年の目標に掲げている通り、くらげは小屋付きを辞めて現場仕事を目指しています。

当初このブログを立ち上げたときは、くらげは小屋付きを極めることを目標にしていました。でも、そこはかとなく小屋付きを辞めようと思い始めたのは、ここ1・2年前くらいからです。
催事のことや確執のあるホールの現状、会社への不満などで思い悩むことがあり、また芝居のプランをやりたいという気持ちも捨て切れず、思い切って今の会社を辞めて現場を目指そうと一念発起。現場の中でも、芝居のプランがやりたいので、ずっと芝居系の会社を探していました。

ところが。

何社か面接を受けてみると、小屋付きを例え10年やってきても経験者とは取ってくれません。中途採用ではなく、既卒者採用になってしまいます。

30歳越えての既卒者採用となるとなかなか厳しいところあり、難色を示すところが多いのです。何でもっと早く辞めようとしなかったんだと後悔しても今更遅いと実感する今日この頃です。
かといって、このままずるずる残り続けたら、ストレスでどろどろに溶けて消えちゃうと思います。

そして出た答えは、もう一度小屋付きの会社に入ること。

いろいろと悩みに悩んだ結果です。

いい結果を報告できるようにがんばります。
ま、なんとかなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください