そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

傷心の房総ドライブ

「くらげは、このあとどうなるの?」「くらげ大丈夫?」などという、皆様の熱い期待に応えて、昨日の続きをお届けします。

〜あらすじ〜
事故起こしました。人が絡んでいます。ショックです。せめて、打撲で済んだことが幸いです。
なのに、無性に走りたくなりました。そうしないと、堕ちていきそうなのです。そこで、鰯を食べに一路、銚子を目指しました。
前回の話:加害者に逆転

幡ヶ谷から首都高に乗り、比較的空いている環状線を抜け、東関道に入ったとこで、くらげのエンプティマークが転倒し始めました。習志野のS.Aに寄って、とろろご飯の上に味噌カツの乗った『千葉丼』というのを食べ、お腹が一杯になったところで再び銚子を目指して走り出しました。

しかし、思っていた以上に遠く、だんだん面倒になったので富里で降りて、今度は国道で九十九里海岸を目指すことにしました。
途中で保険会社から電話があったので、車を停めて掛けなおしました。直接接触していないとはいえ、転倒した原因を作ったのはくらげに間違いありません。過失を認め、あとは保険会社に一任です。
それから、山越え町越え畑越え、夕暮れ時にようやく海岸へと到着しました。

冬の海は、静かに焦げ付いた心を流してくれます。
しばらく浸っていたかったものの、潮風は容赦なくくらげの体温を奪っていきます。しばらく歩いて貝を拾ってから車に戻りました。

帰りは、首都高の大渋滞に巻き込まれそうなので、南下してから房総半島を横断して金谷に出てフェリーに乗ることにしました。
途中で海岸に出ながら、ひたすら海岸線を南下し、勝浦に到着しました。しかし、辺りがすっかり暗い路地を突き進むには勇気がいります。岬を目指すのを断念し、しばらく道に迷いながらも国道に戻り、国道297号線を目指します。

途中のコンビニでドリンク剤を買って一気飲みして気合を入れて山道を進みます。
途中で路線バスとトラックを追い越し、ヘアピンカーブを慎重に越え、道を間違えて引き返し、ようやく市原市に到着しました。16号沿いの県道を走って食事処を探しましたが、一向に見つかりません。
そして、木更津市に入りました。しばらく車で回った後、駅前の駐車場に車を停めて歩いて探すことにしました。現在20時。アーケード街は閉まっています。飲み屋さえありません。駅に戻って反対側に行くと、ようやく飲み屋のような料理屋のような生簀のある店を見つけました。

舟水という、駅前にあるお店です。
刺身定食を頼み、ウーロン茶で一杯やりながら待ちます。そして、刺身定食が運ばれてきました。近海で取れた貝や魚の刺身盛り合わせと、漬物、酢の物、あら汁が付いていて、とてもおいしかったです。
メニューのなかに、地酒やひれ酒があったので、今度は電車で来ようと心に決めました。

帰りは、フェリーが終わっていそうな時間なので、ちょっと贅沢をしてアクアラインを使うことにしました。
料金所に入って、くらげは驚きました。アクアラインは、1200円まで値下げされたと思い込んでいたのです。でも、まだ3000円です。これは、渋滞に巻き込まれない時間を買ったのだと言い聞かせてひた走りました。

アクアラインを使って素通りするのはもったいないので、途中、海ほたるに入りました。
夜の海ほたるはがらがらで、駐車場にテント張ってバーベキューができそうです。
テラスに出て本線を見てみると、ほとんど車が通りません。路上でキャッチボールができそうです。
つまらない海ほたるを後にして、再び車を走らせました。

そして、ようやく陸上に到着。ここから都内に出ると、再び渋滞が待っているので、神奈川線を使って別ルートで上京することにしました。
そして、ようやくくらげ町のレンタカー店の近くまでやってきました。再びさまよってガソリンスタンドを探して給油です。トータルで23.45リットル分走りました。

そしてレンタカーを返して、どうにか生還しました。
来年度の抱負は、『交通安全』
でいきます。
あとは何もいりません。贅沢は言いません。

Massage
  1. ☆たー☆ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    。・°°・(>_<)・°°・。 ウエーン
    ビックリしたよぉ~
    まぁ、大した事無かったからよかったけど。。。事故は突然やって来るからね~
    気をつけようねぇ~(。_。)(゚-゚)(。_。)(゚-゚)ウンウン
    でも、あんまり落ち込まないようにね☆

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >☆たー☆さん
    どうにか立ち直りました・・・。
    はい、気をつけます・・・。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

goToTop