そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

城下町小田原を散策

今日は、お盆なのでくらげ界へ里帰りします。で、ついでにくらげ界のある小田原の町を散策することにします。

駅を出て、まずは高校のころよく行ったあたりを歩きます。小田原駅からベルジュのほうへ向かい、おしゃれ横丁を抜けて錦通りへ。それから、ビルの並ぶダイヤ街へ向かいます。
ここには、かつてビブレだったアプリというビルと、EPOという西友系のビルが隣り合っています。EPOも昔は中高生御用達のビルでしたが、その面影はすっかりなく、テナントが減って空きスペースが目立ちます。入っている店舗は中高年向けのファッションばかり。

駅が改築されて新しくなり、駅ビルになってからというもの、小田原地下街も周辺のビルもすっかり寂れた様子です。
海老名にビナウォークができて丸井もなくなったし。

そして、今度はお堀端通りを歩きます。

お堀端通り

しばらく歩くと、お堀が見えてきました。
DSCF4765.jpg
この通りは土の道でしたが、今は舗装されていました。
DSCF4766.jpg
向かいには、空き地が広がります。
DSCF4768.jpg
ここには、老朽化した市民会館に代わって城下町ホールという新ホールの建設予定地です。設計の問題でいろいろあり、今はまだ建設のめどが立っていません。

小田原城内

それでは、お城に向かいます。
こんなレトロな建物が敷地内にあります。
DSCF4770.jpg
ここら辺は、以前ずっと発掘工事が進められていて入れない期間が続いていましたが、今は当時のものを再現した門が建っています。
DSCF4771.jpg
DSCF4772.jpg
南側の堀は、今ちょうど蓮が見ごろです。
咲きかけ。
DSCF4774.jpg
朝咲いて昼は閉じちゃうらしいのですが、しっかり咲いていました。
DSCF4775.jpg
まんまるつぼみ。
DSCF4776.jpg
蓮だらけ。
DSCF4777.jpg
郷土資料館の前には、哀愁漂う馬たち。どこへ駆けていこうとしているのか。
DSCF4781.jpg
さらに登ると、門番猫が仕事さぼって寝ていました。あちーにゃー。
DSCF4783.jpg
かつて、動物園があって親子連れでにぎわっていた城址公園は、今は閑散としています。
DSCF4784.jpg
駅方向に下りていくと、前まで駐車場でその前は野球場だった場所が発掘現場になっています。堀とか見つかっているみたいです。
DSCF4785.jpg
実家へ向かう途中、たそがれ時の富士山。
DSCF4790.jpg
そして実家へ帰りご先祖様にご挨拶して、ご飯食べて帰りました。くらげ界は暑いので、滞在時間は少ないです。

コメントを残す


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

goToTop