そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

秋田弾丸墓参旅行

祖父母の眠る秋田へ、くらげ母と秋田へ墓参に行ってきました。

くらげのじじ様とばば様は、秋田の鹿角に眠っています。
その昔、くらげじじ様は鉱山技師だったため、戦時中は日本の占領下だった朝鮮半島の鉱山で働いていました。じじ様は、満州で店を開いていた叔母の紹介でばば様と出会います。くらげ母や兄弟が産まれ、一家は鉱山の近くの鉱山住宅で暮らしていました。

しかし、じじ様は徴兵され戦禍の激しい南方の戦地に赴き、そこの川で亡くなりました。ばば様の元に送られてきたのは、骨壷に入った現地の石だったそうです。そのため、じじ様のお骨は、未だフィリピンの川底に埋まっています。

ばば様たちは、じじ様が徴兵されてから朝鮮から引き上げ、じじ様の故郷の鹿角で帰りを待ちました。しかし、戦死の知らせを受けてからは、ばば様の故郷の鹿児島などを転々とします。その後無事に終戦を迎えたものの、ばば様はくらげ母が中学生だったころに亡くなり、じじ様のお墓で一緒に眠っています。
鹿角へは遠いこともあり、くらげ母は40年前に行って以来なかなか行けずにいました。しかし、くらげ母も70歳を越え、今のうちに行っておきたいとのことで、今回鹿角への墓参が決まりました。
ちなみに、くらげ父は行きません。初めてのお留守番です。

小田原駅から東海道新幹線で東京へ

6時50分。
くらげ駅を出発。これから小田原に向かい、くらげ母と合流します。
8時11分。
こだまに乗って東京へ。
8時47分、東京駅着。新幹線で東京駅へ向かうのは、高校のスキー旅行以来です。ここから、うぎゃー時間ない東北新幹線どこー!?と急ぎながら22番ホームへ向かいます。

東北新幹線に乗り換えて盛岡まで

8時56分。
無事に東京出発。ああよかった。
お菓子ぽりぽりしながら盛岡へ。遠足におやつは欠かせません。お菓子はやっぱり無印がいいです。
11時28分。
盛岡到着。

ここから、在来線のJR花輪線に乗り換えるのですが、この花輪線は本数が2~3時間に1本しかないので、高速バスを使います。急いで高速バスのチケットを購入し、急いでトイレで用を足し、バス乗り場へ。これを逃すと、次は1時間後になります。電車も、1時間後です。

バスで鹿角花輪まで

11時40分。
無事に盛岡出発。トイレ休憩は一回しかないので、水分は控えめに。
バスは、しばらく一般道を走ったあと東北道へ入りました。12年振りの東北自動車道です。あのころは何度も走ったこの道。ああ懐かしい。
DSCF5202.jpg
岩手山が間近に見えます。
DSCF5204.jpg
路面は、震災の影響を受けてあちこちにひびやうねりが入り、ずっとがたがた道が続きます。こんなところにも、震災の影響を感じることができました。
1時間後、ようやく田山PAに到着。
寂しい山間のPAのトイレなのに、きれいな飾り付けがされています。
DSCF5207.jpg
そして、トイレに入ると。
トイレが、洋式になってるー!!ヾ(。 ̄□ ̄)ツ 
しかも、ウォシュレットだー!!w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w


12年前は、もちろん和式でしたよ。
あ、これ乗っているバスです。
DSCF5209.jpg

無事に到着

13時07分。
鹿角花輪駅へ到着。
DSCF5211.jpg
DSCF5213.jpg
やっと着いたー!!(ノ´д`ノ。
でも・・・
暑いー!!!!o( ̄□ ̄o#)

長くなりそうなので、ここで15分の休憩をいただきます。

第二部:秋田弾丸墓参旅行・2

Massage
  1. ゆうき より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは!
    秋田にお墓参りなんですね。遠いからなかなか行けなくて大変ですね。
    秋田県というとこは全く知らないとこです。
    どんなとこなのか!
    あ、次回に続いた!
    今日はここだけ読んでまた来ます!

  2. そらいろくらげ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ゆうきさん
    いらっしゃいませ~。
    も、僻地のため本当に遠いんですよ。一本逃すと何時間も遅くなるので、弾丸スケジュールになります。
    書くことと写真が多すぎて2日間で前半後半と分けてありますので、どうぞごゆっくりお読みくださーい。

コメントを残す


goToTop