耳に心地よく響くイヤフォン、ファイナルオーディオデザインのAdagioⅡを愛用

初めて、3000円台のイヤホンを買いました。

くらげが今まで使っていたイヤホンは、デザインのかわいいものを中心に選んだ1000円台のものです。
音にこだわりがないので、それで充分だと思っていました。

でも、使っていたイヤホンが断線して新しいものを買うことになったとき、ヨドバシカメラでふと目に付いたこのイヤホンを試し聞きしてみました。
何種類か試したものの中で、どのイヤホンよりも好みの音だったので決めました。

そのイヤホンがこれ。
ファイナルオーディオデザインのAdagio IIです。

実際に電車の中などで聞いてみて思うのは、やはり3,000円台のイヤホンはそこらのデザインだけの安いイヤフォンとは全然違うなということ。

低音が強調されず、かといってしゃかしゃかした音でもなく、しっかりと耳に響きます。特に、ウッドベースやティンパニーの音がきれいに響くのには驚きました。
電車の中でも、心地よい音の波に乗れます。

また、今までは1年ほどで断線していたのですがこのイヤフォンを使ってから断線もなく長いこと使い続けていられます。

もう、他のイヤホンでは聞けません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください