漂白剤は塩素系より酸素漂白剤を使うのがおすすめ

くらげ邸では、漂白剤は酸素系漂白剤を使っています。

市販されている漂白剤には、酸素型と還元型があります。酸素型は塩素系と酸素系の2種類があり、この中で一番知られているのが、ハイターなどの塩素系です。
塩素系漂白剤には次亜塩素酸ナトリウムが使われているため、ツンとした匂いがして漂白力が強いのが特長です。

対して、酸素系漂白剤は過炭酸ナトリウムを主成分としてます。よくあるハイターなどの塩素系と違いツンとした匂いがしません。
塩素系よりも漂白作用は穏やかですが、毛や絹以外のすべての繊維、色物、柄物、樹脂加工したものにも使えます。
また、色落ちや衣類を傷める心配がありません。

Amazonで買えますが、東急ハンズや大きなドラッグストアでも販売しています。

使い方

酸素系漂白剤は、40度以上のお湯を使うことで最大限の漂白効果を出すことができます。

くらげがよくやるのが、黒ずんだふきんの煮洗いです。鍋にふきんを入れて水を沸かし、石鹸系の洗剤を入れて弱火でことこと煮洗いします。
強火だと、泡が噴き出るので要注意です。

しばらく煮込んだあとに、酸素系漂白剤を入れて冷めるまで放置します。
そのまますすいでもいいのですが、面倒な場合は洗濯機で他の洗濯物と一緒にすすいでしまいます。

この酸素系漂白剤を、フキンだけでなく衣類やシーツ、枕カバーにも使っています。
大きめのものは、お風呂の残り湯を使うとよいです。追い焚きできるなら、40度以上になるまで沸かし、追い焚きできなければ熱いお湯を足してください。
一緒にお風呂の漂白もできちゃうので、一石二鳥です。

漂白剤

酸素系漂白剤、家に置いておくといろいろ使えて便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください