ヤツとの遭遇

くらげが職場で飲むのは、暑い日も温かいハーブティーです。

いつものように、出勤してまずはお湯を汲みにポットを持って給湯室へと向かいます。
給湯室

急いで事務所に駆け込み、男性職員に処理をお願いしました。が、殺虫剤も叩くものもなく、取り逃がすはめに。
ヤツが乗っていたたわしは、処分されることなく洗って元も位置に戻されました。

もう、絶対に給湯室のたわしもスポンジも使わない。
ちなみに、お弁当箱には前任の方が残していった洗剤とスポンジを使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください