カーナビに残った前の人の軌跡

今日も、車に乗ってお出かけです。
いつものように、カーシェアリングで日産ノートさんを予約。最近デミオさんじゃないのは、あっちの駐車場は狭い上に前が一通だから面倒なんです。
最近、利用率が高いせいか、もう一台ノートが配車されました。で、今日は新しい方に乗ってみることにしました。

今日の行き先は、ゴミ処分場。いらなくなったお布団などを持ち込みます。
このノート、車のエンジンを止めても、しばらくカーナビとカーステレオの電源が入ったままです。5分くらい経てば電源が落ちますが、何となく入りっぱなしなのは不安です。古い車ばかり乗っていたものだから、バッテリー上がらないかとか。
が、新しい方はエンジンを止めたら即停止。やっぱり、すぐに停まってくれた方が、安心します。

ゴミ処分場に着くと、ずらっと車列が続いています。けっこう、車で持ち込む人が多いみたいです。
順番が来るまで暇だったので、カーナビをいじっていると、なにやら走ってきた場所が白く点々と続いています。

くらげの通った軌跡がナビに

広域で見てみると、なんとくらげが行ったことのないところまでが軌跡が残っているのです。たぶん、これは前の人の行った場所に違いありません。
タイムズカープラスでは、事前にネット予約した際にカーナビの設定もパソコンでできます。前もって行き先を設定しておけば、乗ったときに設定する手間が省けます。そして、返却した際には設定も解除されます。ですが、カーナビで設定した場合には、行き先の履歴が残ったままになってしまうのです。さらに、軌跡を残す設定にしておくと、行ったところがばっちり次の人にわかってしまうのです。

これって、けっこう危険な香りがします。うっかりすると、自分の家や人の家に立ち寄ったことが判明するわけですから。
まだまだくらげの番には時間があったので、カーナビの設定を調べることにしました。すると、軌跡を残す設定はOFFにでき、さらに履歴も消去することができました。

軌跡の消しかた

方法は、まずメニュー画面を押します。そして、”設定・編集”→”データ編集”→”走行軌跡消去”→”はい”で消去できます。
また、”設定・編集”→”機能設定”→”走行軌跡自動消去”→で、消去方法が”自宅付近”・”電源OFF時”・”OFF”の3種類から選べます。
前の人の走行軌跡が残っている時には、自分の軌跡も残りますので、必ず消去するか自動消去する設定にしましょう。

このあとは、特に寄り道もなく駐車場へまっすぐ帰還。グローブボックスに鍵を差して返却へ回すと、返却されたことになります。
毎回、返却したとたんに自動音声で、「ETCカード!ETCカード!」としつこく連呼されますが、新しい車では、「忘れ物はありませんか?」連呼に変わっていました。
そりゃ、ETCカードを入れていないのに連呼されちゃ、たまったもんじゃありません。

最後に、カードをかざして施錠したら、返却完了。
今度は、この新しいノートでお出かけしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください