東京五美大卒制展で、美大生の自由な感性に触れる

都内の五つの美大が合同で開催する美術展を鑑賞してきました。
毎年、新国立美術館では、東京五美術大学の連合卒業・修了制作展が開催されています。前回、たまたま鑑賞しておもしろかったので、今年も鑑賞することにしたのです。
この作品展は、その名の通り女子美術大学、東京造形大学、日本大学芸術学部、武蔵野芸術学部、多摩美術大学の五美術大学学生による制作展です。それぞれ1階と2階の企画展示室で、日本画、油絵、版画、彫刻の4作品が展示されています。
それでは、さっそく作品展を巡ります。
とにかく作品数が多くて、全部アップするのは大変なので、くらげの琴線に触れた作品だけご紹介します。

写真みたいできれい。
DSCF7111.jpg
これ、全部紙でできています。水面のゆらめきを表しています。
DSCF7113.jpg
『のりまきの具とおにぎり』。被って寝れるみたいですが、やりませんでした。
DSCF7119.jpg
ぎっしり羊さんのいる、『羊天国』。色使いが好み。
DSCF7122.jpg
『四季折々』ついたてのところどころに、写真を印刷したOPシートが貼られています。
DSCF7127.jpg
市販の皿に、絵の具で彩色しています。
DSCF7129.jpg
『癒し』タイトルどおり、心安らぐ色使いです。
DSCF7132.jpg
よくわからないけど、惹かれる。
DSCF7133.jpg
『明日の神話』岡本太郎の同名作品と同じく、不穏で心ざわめく作品。だけど、なぜか目が離せない。
DSCF7135.jpg
『反乱』餅が、べったり壁と床にくっついています。その名の通り、餅の反乱です。掃除が大変なので、やめてほしいです。
DSCF7136.jpg
こういう、イラストレーション的なタッチが好みです。
DSCF7137.jpg
かわいいキャラに心惹かれる。
DSCF7139.jpg
絵のタッチが好み。
DSCF7142.jpg
『夜はもうずっと遠くに』色使いが好み。
DSCF7143.jpg
『朝はまだ遠い』
DSCF7144.jpg
ここで、デジカメのSDカードがいっぱいになってしまったので、ASUSの MeMO PADで撮影します。
『TOILET』トイレです。
P_20140226_150417.jpg
スピード感がいい。
P_20140226_150649.jpg
カエルさん。花をくれるみたいです。
P_20140226_150935.jpg
カラフルな象さん。
P_20140226_151101.jpg
チューブの中に、ぎっしりのスーパーボール。
P_20140226_151226.jpg
巨大なホイホイ。
P_20140226_151621.jpg
フクロウたちがかわいいのですが、その上下の目が怖い。
P_20140226_152241.jpg
シンプルな星空の絵ですが、心惹かれました。
P_20140226_152500.jpg
壊された古い家具。
P_20140226_152716.jpg
この他に、2階の企画展示室も回りたかったのですが、あえなく時間切れ。このあと、予定があるので諦めました。

美術展を鑑賞していると、たいがい作品の持つエネルギーに酔ってしまうのですが、なぜか美大生は酔いません。きっと、学生特有の自由さがあるからだと思います。
でも、その自由さの中にいろんな想いや希望、悩みなどが混じっているので、美大生の作品を観るのは好きです。

おかげで、いい刺激を受けました。くらげもがんばる。

3 Comments

kenzo

SECRET: 0
PASS: 5259ee4a034fdeddd1b65be92debe731
若かりし頃はアウトドア一辺倒でしたが、カメラを始めてからこういった作品を眺めるのが出来るようになったデス
芸術センスのないkenzoですが、見てるだけでも楽しいモノですよね
くらげさんの写真で仮想的に楽しませて頂きました(笑)

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
kenzoさん
いらっしゃいませー。
咳するのも咎められそうな美術展より、こういう美術展の方が肩肘張らずに楽しめます。
新国立美術館は、雰囲気が好きなのでよく行きます。今月は2回も行っちゃいました。カフェもあるし、ミュージアムショップを見るのも楽しいですよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください