そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

舞台で使えるフリーCADソフトを探す.3 〜QCADから派生したCADソフト【Libre CAD】

舞台で使えるCADを探す企画・第三弾。今回は、”Libre CAD”です。

-あらすじ-
今まで、照明の仕込み図は操作性がAdobe Illustratorに非常によく似ているドロー系のVectorworks Windows版を使っていました。
しかし、パソコンをMacに切り替えるにあたり再度Mac版を購入するには高すぎる価格帯のため、フリーソフトや汎用性CADソフトで使えそうなものはないか、調べてみることにしました。

概要

前回紹介した、QCADから派生したソフトです。
Windows,MAC,Linuxにそれぞれ対応しています。

ダウンロードはこちらから。

インターフェイス

今回は、Windows7で開いてみました。画像をクリックすると、拡大図が見られます。
LibreCAD.jpg

DXF

VectorWorksで作った図面をDXFに変換し、LibreCADで開いてみます。
Libre Right

Libre stage
DWGファイルは、開けませんでした。

操作性

QCADと同じく、ドロー系に慣れていると難しいです。選択して移動、解除の操作だけでも悩みます。多少、QCADとは操作方法が違います。

四角を描くときは、線ツールを選択、4点をクリックして右クリックで解除すれば描くことができます。
あとは、ひたすら練習して慣れるしかありません。

詳しい使い方は「LibreCAD toolbar01]「LibreCAD」

価格

フリーソフトです。機能制限などはないようです。

おすすめ度

★★☆☆☆
とにかく操作が難しいのですが、フリーソフトであるという点は評価。でも、X軸とY軸にスケールが表示されていないので
星2つ。設定でどうにかなるかもしれませんが。

フリーソフトなので、とりあえずダウンロードして慣れてみるのもいいかもしれません。

目次

  1. フリーのCADソフトで、仕込み図は書けるのか試してみる
  2. 舞台で使えるフリーCADを探す.1 〜直感的に使いやすいフリーCADソフト【Drafting CAD】
  3. 舞台で使えるフリーCADを探す.2 〜点と線で描くフリーCADソフト【QCAD】
  4. 舞台で使えるフリーCADを探す.4 〜Windows専用の国産フリーCADソフト【AR_CAD】
  5. 舞台で使えるフリーCADを探す.5 〜 操作画面がわかりやすいWindows専用CAD【RootPro CAD】
  6. 舞台で使えるフリーCADを探す.6 〜AutoCADと似た操作感のフリーCAD【Draftsight】

コメントを残す


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

goToTop