そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

舞台で使えるフリーCADソフトを探す.6 AutoCADと似た操作感のフリーCAD【Draftsight】

舞台で使えるフリーCADソフトを探しているんだよ・第6弾です。今回は、”Draftsight”のご紹介です。

-あらすじ-
今まで、照明の仕込み図は操作性がAdobe Illustratorに非常によく似ているドロー系のVectorworks Windows版を使っていました。
しかし、パソコンをMacに切り替えるにあたり再度Mac版を購入するには高すぎる価格帯のため、フリーソフトや汎用性CADソフトで使えそうなものはないか、調べてみることにしました。

概要

DraftSightにより、新たなCAD製品にごくわずかのコストをかけるだけで、既存の図面ファイルを使用し、新規ファイルを作成することが可能になります。

引用元:DraftSight – Dassault Systèmes

Mac,Windows,Linuxで使える、汎用2次元CADソフトです。AutoCADに機能や操作面が非常に似ています。

インターフェイス

画像をクリックすると、大きい画面で見れます。
sDraftSight.jpg

DXFを変換

照明図面と舞台図面のDXFデータを変換してみます。Macだと、ファイルを右クリック→このファイルで開く→Draftsightを選択で開けます。
sDraftSight Right DFX

sDraftSight Stage

DWGを変換

今度は、照明図面と舞台図面のDWGデータを変換してみます。
sDraftSight Right DWG

sDraftSight Stage DWG

残念なことに、どちらも文字化けを起こしています。

操作感

AutoCADと同じような操作感ということで、ドロー系CADソフトのベクターワークスに慣れた身では、非常に使いにくいです。
選択したシンボルデータを移動することはできますが、選択の解除がわかりません。
そして、座標もありません。

手軽に描けるCADとして使うには、操作を覚えるには大変かと思います。

ただ、AutoCADを覚えれば、使いこなせそうです。AutoCADの取扱説明書は、ネットで探せばいくらでも出てくるし、書籍もあるのでAutoCAD入門ツールとして使うのもいいかもしれません。
聞いたところによると、海外では図面の作成はほとんどAutoCADが使われているそうです。

DWGファイルを扱えるFreeのCADソフト『DraftSight』のインストールから操作方法・コマンドまで画像と動画でゆるーく紹介中!!

参照元:DraftSightのゆるーい使い方

価格

フリーです。
ここから、ダウンロードできます。
DASSAULT SYSTEMS

おすすめ度

★☆☆☆☆ 1点
あくまでも、ドロー系の使いやすさとしての評価なので、低いです。ただ、調べてみると、AutoCADを使ったことがある人たちには好評のようです。

Massage
  1. シンバル より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    JWcadのテキストでは、グーグルスケッチアップともうひとつフリーソフトを組み合わせて、3Dモデリングしていましたよ。

  2. そらいろくらげ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    シンバルさん
    いらっしゃいませー。
    3Dはやったことなかったですねー。ベクターにも3D機能はあったんですけどね。興味なかったので。

コメントを残す


goToTop