そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

あのころ、日本中を駆けずり回っていた・その3

今日で、劇団時代のお話も3回目となりました。

第1回:あのころ、全国を駆けずり回っていた・その1
第2回:あのころ、全国を駆けずり回っていた・その2

続き、読んでみたい?本当に?じゃ、続きを読むをポチッとしてね。
とむ3

夜中の高速で、不吉なものを見てしまう

night-ride-272561_640
あれは、福島を深夜2時に出発し、青森の津軽を目指していたときのことです。

草木も眠る、丑三つ時。周りには、一台も車がいない東北道。ふと、ヘッドライトで照らされた先に何か落ちているのを見つけました。近づいてみると、そこにあったものは!!
車線の真ん中に転がる、ニホンザルの遺体。それをつつく一羽のカラス。ぎゃー!!!!Σ( ̄□ ̄lll)
とても不吉なものを見てしまいましたが、何事もなく無事に津軽での公演を終えることができました。

油断していた!!

934a87465a39935473b6ab5263d0a6e4_s
それは、常磐道で劇団に帰るときのことです。
この先2kmのところで事故渋滞が発生していたのですが、まだ順調に走っていました。途中のインターチェンジでパトカーが入ってきましたが、この先の事故現場にでも向かうのだろうと気にも留めていませんでした。

ところが!!

そのパトカーは、事故とはまったく関係のない車両でした。車列の一番後ろを、周りの車と一緒に120km超で走っていたくらげの車は、スピード違反で捕まってしまいました。
考えてみれば、サイレン鳴らしていないし、事故現場とは管轄も違うと気付いても、あとの祭り。

周りが飛ばしていても、安全運転第一です。

高速でバースト!!

742e19c4a4fa1b1f8860e8350133a6fe_s
あれは、東北道下り方面を走っているときでした。
急に変な音がして、タイヤがバーストしました。早朝で周りに車もいなかったため、路肩に寄せてJAFに連絡。
そのまま、岩槻か羽生ICが近かったので牽引してもらい、近くの整備工場へ向かいました。朝早いのにも関わらず、すぐにタイヤを交換してもらい、無事に目的地へと向かうことができたのでした。

以来、JAFにはお世話になりっぱなしのため、自腹で会員になりました。
やっぱり、入っておくと安心です。JAFのお兄さん、親切だし。

恐怖の、早朝ガス欠

079314ab87a657c473bfc62972b747c1_s
それは、福岡から大分に向かうときのことです。

前日は夜遅くに天神のマンションに戻ってきました。ガソリンが少なくなってきていましたが、まあ大分までは持つだろうし、あっちで入れればいいやと思っていました。
早朝に福岡を出発し、大分道へ。途中SAへ寄ったけど、ガソリンスタンドが見当たりません。仕方がない、降りてから入れることにしよう。すでにエンプティマークが点灯していて、かなりぎりぎりな状態です。
そして、目的地のインターチェンジを降りて、まずはガソリンスタンドを探します。

ところが!!
どのスタンドも、8時開店。現在、7時。

開店は朝8時。開店までまだあと一時間もあります。このまま学校まで行くか?いや、途中でエンコは困る。さんざん迷ったあげく、開店まで待つことにしました。
そして8時過ぎになってもすぐには開かず、10分か15分待ってようやく開店。無事に満タンで学校に向かうことができました。

給油は、計画的に。

最後の最後で切符切られた!!

speedometer-653251_640
それは、劇団での最後の公演でのことです。

くらげが入って一年後には、劇団の経営もかなり危うい状態でした。スタッフに与えられていた運転手当も、いつのまにかカット。気付けば、正社員扱いのはずがアルバイト扱いになっていたのです。
そこで、他のスタッフ二人と社長へ抗議することにしました。
ところが、社長から「いやなら辞めてしまえ!」と反撃をくらう始末。じゃあ、もう辞めてやる!と夏に入っている公演を最後に、辞めることにしました。

そして、最後の公演。
レンタカーのハイエースで、大阪のマンションを目指して走るくらげ。養老SAで休憩し、関ヶ原へ差し掛かりました。ここは急勾配のため、夜になると登坂車線と走行車線にトラックの長蛇ができます。
最初はトラックの列に入って走行車線を走っていましたが、遅いので追い越し車線から一気に追い越すことにしました。荷物満載でさらに5人も乗って状態で坂道を走ると、どんどん速度が出なくなるんです。

ところが!!
ふいにトラックの車列から出てくる、灰色のスカイライン。そして、ふと窓が開いたかと思うと天井にサイレン灯が!

「そこのハイエースの運転手さん、路肩に寄ってください」
こうして、最後の公演で御用となりました。

そして、免停決定・・・・・(ノД`)・゜・。

あとから、助手席の乗っていた人が「あのスカイライン、8ナンバーだから怪しいと思っていたんだよなー」とぽつり。そういうことは、先に言ってよ!

今ではもう急ぐこともないので、安全運転ですよ。ここは、声を大にしてお伝えしておきます。

あれからもう13年

くらげがその劇団にいたのは、たった1年と3ヶ月でした。1学期2回、2学期と3学期は1回しか回っていません。
それでも、13年経った今も鮮明に覚えているのは、それだけ濃い時間を過ごしていたからだと思います。

あの頃一緒に回っていた役者たちは、違う子供向け劇団で活躍していたり、新たに子供向け劇団を立ち上げたり。
みんな、すっかり子供相手の芝居が好きになってしまいました。くらげも、本当はもっと続けていたかったなー。

さて、くらげが劇団にいたときのはなしは、これでおしまいという予定でしたが、あと1回だけ書こうと思います。
続きは、次回。

第4回:旅で印象に残っている場所

Massage
  1. ゆうき より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    内容濃い!!
    何だか凄い1年半ですね!
    普通の人が体験することのない世界を走り続けていたんですね!
    移動中の話題に事かかないのが劇団ぽいですよね。
    劇団関係の人ってみんな大体、公演自体の話より移動とか民宿とかの話題しますもんね。
    いやースゴイです。珍しく(?)尊敬します。

  2. そらいろくらげ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ゆうきさん
    いらっしゃいませー。
    本当に濃い内容でした。
    10年続けたら、きっとこのブログもドロドロに濃くなっていたことでしょう。
    あの当時、ブログを書いていなかったことが悔やまれます。
    わ~い、珍しくゆうきさんに尊敬してもらえた~ヾ( ̄∇ ̄=ノ

コメントを残す


goToTop