そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

旅公演で印象に残っている場所

4回も続いちゃった、くらげが学校公演の劇団にいたころのおはなし。ついにこれが最終回です。最初は1回で終わらせる予定だったのですが、あまりに濃い時間を過ごしたため、1回じゃまとまりませんでした。

第1回:あのころ、全国を駆けずり回っていた
第2回:あのころ、全国を駆けずり回っていた・その2
第3回:あのころ、全国を駆けずり回っていた・その3

最終回は、印象に残っている宿と場所を紹介します。

くらげのいた劇団では、大阪と福岡に事務所としてワンルームマンションを所有していました。近年は、よほど辺鄙なところではない限りこのマンションを拠点にしていたため、宿に泊まれたのは10回程度です。その宿自体も格安施設だったので、驚くような施設もあるわけです。

ということで、まずは、非常に印象に残っている宿を紹介。
とむ4

こんな宿に泊まりました。

え?ここ泊まるところだよね・・・??

民宿の玄関
それは、島根でのこと。
米子インターを降り、夜の水木しげるロードを通り抜け、原発近くの民宿へ到着。

着くなり驚いたのが、入り口はアルミサッシだったのです。そして、物置みたいにいろんなものがごちゃごちゃと周りに置いてあります。そのため、最初は入っていいのか戸惑いました。
ふつうの民家の廊下を通り抜け通された1階客室は、6〜8畳程度の広さで壁は板張り。ベッドは、なんと家庭で使う普通の2段ベッドです。部屋中に、洗濯ロープが張り巡らされています。
お風呂は、一般家庭と同じ広さで普通のステンレスの浴槽です。

たとえ民宿とはいえ、まるで人の家に泊まるような印象でした。それはそれで楽しいのですが、寝心地はあまりよくなく、翌日は寝不足でふらふらでした。

レトロなタイル貼り旅館

それは、岩手の山奥の旅館でのこと。
昭和初期に作られたと思われる、木造の趣のある旅館。お風呂の浴槽は丸くてタイル貼り。これまた、趣があります。

ただ、一つとっても気になる点が。というのも、
トイレがボットンなんです!!
そして、しゃがむ向きはドア側。便器もタイル貼りです。

くらげ自身は、実家が未だ汲み取りトイレなのでボットン便所には慣れています。でも、トイレ一個だって臭いのに、それが旅館で何個もあるトイレだと、臭いが半端ないんですよ。
なるべく水分を取らないようにしたのは、言うまでもありません。

印象に残っている場所

続いて、印象に残っている場所。くらげには、忘れられない場所があります。ガイドブックに乗っている名所や、よく知られた場所は一切出てきません。

長崎県北高来郡森山町

IMG_0020
近くの小学校に向かって走っていると、突如道路脇に牡蠣小屋が現れました。
現在、午前7時。しかし、すでに営業中。

これはもう、食べるしかありません。他の役者はみんなぐったりでしたが、一人だけくらげに賛同する者がいたので、一緒に入りました。

プレハブ小屋の中には、大きな焼き網の乗ったテーブルと、ビールケースで作られたイスが置かれています。さっそく、洗面器一杯の牡蠣を注文。左手に皮手をして牡蠣を持ち、熱々を汁をこぼさぬように食べます。朝から、網で焼かれた牡蠣を口一杯に頬張る贅沢。おかげで、元気一杯で公演を終えることができました。
森山町はその後合併し、諫早市となりました。

岩国の山中にあるでっかい店

山口で時間があるとき、必ず寄っていたのがいろり山賊です。Chromeでは見られません。
この店は、最初の劇団で山口公演があったときに連れてきてもらったお店です。何と言ってもこのお店。山の一角すべてがお店なんです。
山陽道を降りてしばらく、細い道路を走っていると突如きらびやかな明かりに包まれた城が現れます。
テーブルは店内だけでなく、屋外にも設置されていて、自然を満喫しながらを味わえます。中でも一番のおすすめメニューは、でっかい山賊むすびと、山賊焼き。
文章ではその全体像をお伝えしにくいので、いろり山賊で画像検索してみてください。

愛媛県西予市/宇和島街道

夕暮れ
あれは、夏の日のことでした。西予で公演を終えて帰る途中のこと。
あのころは、まだ松山自動車道が大洲までしか開通していなかったため、大洲IC目指して宇和島街道をひた走っていました。

しばらくして、道路の右側が山で、左側の道の角にはレトロな店構えの床屋さんが建っている場所がありました。時間はちょうど日が沈んで夕闇が迫る頃。辺りに人影はなく、ただヒグラシの鳴く声が響いていました。その光景に、ふと心奪われてしまったのです。人が見れば何でもない光景だと思います。けれで、くらげにはなんだか叙情的に感じました。

また、夏の夕暮れ時に行ってみたいです。

熊本県山鹿市

廃車
菊水ICで降りて、公演先の学校に向かっていたときのこと。学校近くの草むらには、1台の廃車が打ち捨てられていました。

その車が、なんと昔くらげ本家で乗っていたスズキのフロンテだったのです。もう20年以上前の車です。今ではアルトに取って代わられ、いつまにか消えていった車です。
くらげ本家初の新車だったのに、電気系統のトラブルで何度もチョークを引っ張ってようやくエンジンの掛かった車です。くらげ父が何度苦労したことか。

そんな車と、まさかこんなところで遭遇するとは。くらげ一人、感慨にふけっていたのでした。あのとき、写真撮っておけばよかった・・・。

鳥取県東泊町

砂浜
めずらしく、3日間で近隣の学校を回るため連泊になりました。
ということは、移動する時間がないため公演が終わったらたっぷりと時間があります。季節はまだ9月。場所は、海のすぐそば。

そんなわけで、海まで遊びにいくことにしました。水着はないので、近くのしまむらで短パンを購入。夏が過ぎ、人気のなくなった海で、心行くまで遊びました。
日本海の砂浜は、とてもきれいで静かでした。

能登半島有料道路

sea-268971_640
前日、宮城で公演を終えて北陸道で金沢入り。夜中に、非常に狭い部屋のビジネスホテルに泊まり、翌朝能登半島にある七尾市目指して走っていました。
寝不足でふらふらだったものの、能登半島有料道路に入るとすっかり目が覚めました。この道路は海に面していて、朝日の当たった海面がとてもきれいに光り輝いているのが目に入りました。

朝の海は、疲れを忘れさせてくれます。
能登半島有料道路は、今では「のと里山街道」という名称に変更され、無料化されています。

相馬で食べた親子丼

親子丼
小学校での公演後、毎回くらげはバラシが終わったあとに職員室へ代金をいただきに伺います。そのとき、みなさんもどうぞと言われ、校長室でお茶をいただきながら談笑することもあります。
その日は、職員室でお茶を出されたのですが、そのあとは何とお食事まで用意していただいていたのです。おいしいお店にご案内しますと言われて行ったお店は、海鮮料理のおいしい素朴なたたずまいのお店でした。そして、あとはごゆっくりどうぞと、先生方は学校へ帰って行きました。

小さな個室でいただいたのは、親子丼。親子丼とは言っても、鶏と卵ではありません。鮭といくらです。たっぷりと鮭の刺身といくらの乗った親子丼は、今でも忘れられない味です。
3年前、あのお店と公演した学校の生徒たちはどうなったのか。それが気がかりです。

いつか、親子丼の恩返しがしたいです。

夕暮れ時に感じること

夕暮れの街
夕暮れ時、どこかの町で車を走らせながら、ふと感じたことがあります。
この場所で生活している人たちの日常生活の中に、ここには住んでいないくらげたちがいるという、何となく感じた違和感。旅とは、そういうものなんだと思います。帰る場所があるから、旅をすることができるのだと思います。

日本には、素敵な場所がたくさんあります。いつかまた、あのときに訪れた場所をもう一度めぐってみたいと思っています。

締めくくり

これで、劇団時代のお話はおしまい。大変だったけど、いい経験ができました。
実際にいたのは、たった1年と数カ月だけど、未だに脳裏に何処かの景色が蘇ります。それだけ、濃密な経験だったのです。きっといつまでも、くらげの脳みそには残り続けることでしょう。
日本には、たくさんの何気ない素敵な風景があります。

Massage
  1. kenzo より:

    SECRET: 0
    PASS: 5259ee4a034fdeddd1b65be92debe731
    4回に渡る回想録お疲れ様でした
    ほんといろんな所行きましたね!!
    そして随分濃い~時期を過ごされたようで
    なかなか同年代でそんな方いないと思いますよ(笑
    当時はホント大変だったと思いますが、振り返ると楽しかったなと思えるのは良いですね^^
    今度は各地をのんびり旅行で廻れますように♪
    あ、いろり山賊chromeでも見れましたよ

  2. そらいろくらげ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    kenzoさん
    いらっしゃいませー。
    本当に濃い〜い一年でした。そのころのメンバーとは今も繋がっていて、そのころの話を今でもちょっと前のことのように話しています。
    今度は、ゆっくりと廻りたいですね。安全運転で。
    にしても山賊、なぜうちのクロームだけ見れないんだろ。ここは、山口に行ったときにはぜひ訪れて欲しい場所です。

  3. ゆうき より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    これほどの体験はなかなか出来ないですよ!
    くらげさんは日本全国を駆け回って、普通の人には出来ない様な事をたくさんしてきたんですね。
    帰る場所があるから旅に出る。
    なるほど、良い事を教えてもらえました。

  4. そらいろくらげ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ゆうきさん
    日本の高速道路は、ほぼ制覇しました〜!
    行かなかったところは、山形、群馬、香川、沖縄のみで、辞めてから山形と群馬は行きました。あとは、香川と沖縄に行けば、46都道府県制覇達成です。

コメントを残す


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

goToTop