そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

小屋付きとレスポンスの早さ

定期的な仕事をご依頼いただき、先方との打合せに行ってきました。

今回の案件は、マッチングサイトで募集した案件に対し問い合わせが来ました。先方は何人かに依頼して、返信がなかなか来なかったそうですが、くらげは依頼が来てすぐに返信。そのレスポンスの早さを買われ、3日後には打ち合せが決まりました。

くらげはレスポンスが早いとは意識していなかったのですが、このレスポンスの早さはやっぱり前職が影響していると思うのです。

前職のお仕事

舞台の仕事は、常に時間との戦いです。現場では、搬入段階から戦っています。たとえ5分でもいいから搬入したいのです。

そして、仕込みが始まり順調に行けばいいけど何か問題があれば即解決を目指し、刻一刻と迫るリハーサルまでに急いでも安全に仕込んでシュートしてリハーサルやって直せばすぐに開場。開場中に夕飯を食べ、すぐに本番。
本番が終われば即バラシ。本番が押せば退館時間が迫ります。素早くそして安全にバラシを終えて、時には余裕もなく急いでホールを後にします。

小屋付きとなると、さらにシビアです。

ある日の小屋付き・その1

ホール開館10分前に早く開けろと急かされ、「9時開館ですから」と言いながら5分前にはホールを解錠。仕込み時間が1時間しかないので、舞台の状況を見つつ照明を仕込んで、看板吊って、照明をシュートして、進行確認して緞帳おろして、ロビーを開場し、休む間もなく開演10分前。急いで調光卓に着く。
休憩は20分のみ。その間にトイレに行ってお弁当を食べてすぐに調光室に戻る。
本番が押し利用時間が迫っているので、なんとか時間内に終演させて追い立てるように、でも安全にバラシをして退館時間までに出てもらってロビーとホール施錠。

ある日の小屋付き・その2

9時から仕込みだけど、5分前には仕込み開始。9時になり、搬入口から押し寄せる什器や商品。急ぎつつも安全に考慮し、ホールへの搬入待ちのプレッシャーを感じながら仕込み完了。
陳列を待っていると仕事が終わらないので、ある程度見切りでシュートに取り掛かる。休む間もなく今度はロビーとホワイエのレールライトを100台近く吊り込み、なんとか時間内に終了。

ある日の小屋付き・その3

60分の間に照明吊り替えて、セットの建込み後にシュートして明かり作り×5回。調光室まで駆け上って舞台まで駆け下りること数十回。

締めくくり

上記はほんの一例です。こうして常に時間で動き、時間と戦い、時間と勝負してきました。それに、くらげは前の前の会社ではずっと仕事が遅いと言われてきたので、仕事が変わってもやはり早さが気になるのです。

その結果、経験が浅くてもレスポンスだけは素早くしようと決めました。
今回はレスポンスの早さで決まりましたが、今後はレスポンス+質での勝負をしていきます。

Massage
  1. ゆうき より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    小屋付きの経験が活きているんですね~。
    1分・・・時には1秒が本当に大事な仕事ですもんね~。
    個人的に、現場周りの照明仕事より、小屋付きの仕事は幅広いから他の職種にも活かせる部分が多そうな気がします。
    新しいジャンルに進むくらげさんのブログを見るのは楽しいです♪

  2. そらいろくらげ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ゆうきさん
    いらっしゃいませー。
    そうですね、小屋付きやっていると、応用力と判断力と忍耐力がもれなく付きますね。今回も打ち合わせに慣れていたから慌てることなくこなせました。
    これからも、しがらみがなくなった分いろんなことに挑戦していきます。

コメントを残す


goToTop