そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

くらげ母と太平洋戦争

今日は、終戦記念日です。今年で太平洋戦争が終戦してから69年になります。

くらげ母は、今年で75歳になります。幼いころに太平洋戦争を経験しているため、くらげは何度も戦時中の話を聞いて育ちました。
くらげ母に聞いた話を、ここに書き残しておこうと思います。
くらげ母

くらげじじとくらげばばの出会い

cedf85b50ebeb0a364a60c0d8b40f5b9_s
くらげじじは、三菱鉱山で働く鉱山技師でした。そのため、戦争中は日本の占領下であった朝鮮半島に赴任していました。その頃に、満州にお店を開いていたくらげ大叔母の紹介でくらげばばと知り合い、結婚。そして、くらげ母は鉱山の社宅で産まれました。

くらげ母曰く、鉱山の近くの社宅地域で生活していたため、外の様子はほとんどわからなかったそうです。ただ、その鉱山があったのは、今で言う北朝鮮のあたりだろうとのことです。

くらげじじに赤紙が来る。そして、日本へ引き揚げ

その後、くらげ母がまだ小さい頃にくらげじじが出征。任地は、南方と呼ばれた激戦地、東南アジアです。

しばらくして、くらげばばは子どもたちを連れて、日本へと帰国することになります。
まだ戦火が激しくなる前でしたが、今度いつ日本への船が出るかわからない状態だったため、荷物はあとで近所の人に送ってもらうことにしました。
しかし、結局荷物は届かなかったそうです。

鹿児島と秋田を行ったり来たり

train-19640_640
日本に戻ったくらげ一家は、くらげばばの実家のある鹿児島の串木野に身を寄せますが、くらげじじが帰ってくるかもしれないとのことで、くらげじじの実家のある尾去沢鉱山の社宅に住むことになりました。ちょうどくらげ母も小学生になったため、小学校は鹿角の小学校に入りました。すっかり現地の言葉が身についてしまい、自分のことを「おら」と言っていたことがあるそうです。

その後、くらげじじ戦死の知らせが入りました。しかし、届いたのは戦死を知らせるたった一枚の紙と、骨壷に入っていたのは遺骨ではなく現地の石が一つだけでした。そのため、くらげじじのお墓には遺骨が入っていません。

戦死がわかったことで、くらげ一家は居候していたくらげじじの実家から鹿児島へと戻ることになりました。またしばらくの間くらげばばの実家に身を寄せたものの、居候の身には変わりがないので苦労したそうです。
鹿児島では空襲にも遭い、川へ避難。川の中に身をひそめていると、カニがちくちくお尻をつついてきて痛かったそうです。

そして終戦

fd29eb6ee547e5dfc14928bd7ed98df0_s
そして、69年前の今日、終戦を迎えました。くらげ母は、玉音放送をほとんど覚えていないそうです。
終戦後は、何かと面倒を見てくれているくらげ大おじと一緒に、横浜は大倉山にあるボロ屋を借りて過ごします。中高生時代は大倉山で過ごしますが、くらげ母が高校生の頃にくらげばばが他界します。

就職、そして結婚

高校卒業後は宮崎のホテルに就職し、住み込みの仕事をしていました。その後は、湯河原の保養所で住み込みの仕事をしている時にくらげ父とお見合いをして、結婚しました。くらげ母38歳の頃です。やばい、くらげ母が結婚した年齢に近づいている・・・( ̄ー ̄;

大倉山の家は、くらげ母が宮崎で就職するころには地主から追い出されたため残っていません。くらげ本家は狭小極寒灼熱、ボットントイレのボロ家だけど、ここがくらげ母の人生の中で一番の安住の地となりました。

くらげは思う

くらげじじは、未だにフィリピンの川底に眠っています。もしも無事に戻ってきていたなら、くらげ母は秋田で家族揃って幸せに暮らしていたことでしょう。
くらげの生まれた70年代はもう両親が戦後生まれが多いけど、くらげにとっては非常に身近な歴史です。

忘れてはいけない痛みです。

Massage
  1. kenzo より:

    SECRET: 0
    PASS: 5259ee4a034fdeddd1b65be92debe731
    70年代ですが、両親は戦後産まれでした
    ジジババも幸い戦争を生き抜いていましたが、子供の頃に可愛がってもらっただけで物心着く頃に他界していました
    もうちょっと色々と話を聞きたかったなぁとふと思ったり
    この記事を目にし、自分の父母の若い頃の話を聞いてみようと改めて思いました

  2. そらいろくらげ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    kenzoさん
    いらっしゃいませー。
    昭和という激動の時代を生きてきたご両親のお話を、ぜひ聞いてあげてください。歴史は身近なところで学べます。
    くらげたちには、語り継いでいくという使命があると思います。

コメントを残す


goToTop