秩父湯煙りドライブ紀行~癒しと酷使の旅~

温泉で右足を癒すために、車で秩父まで行ってきました。

今回の相棒は、トヨタのパッソさん。品川生まれ。
メーターはセンターにあり、スピードメーターが大きいので読みやすく、シフトと燃料計はデジタル表示です。
シフトはインパネシフトで、パーキングブレーキはフットです。

MT車ばかり運転していたので、未だシフトは見ないとわかりません。左手が幾度となく宙をさ迷い、操作も迷います。
いつものようにオプションのナビは付けません。

そんなパッソさんと湯煙紀行の始まり始まり。

秩父はこれで3度目です。いつも適当に走って脇道に逸れて結局遠回りになるので、今回は素直に国道と県道を使って真っ直ぐ秩父を目指すことにしました。

しばらく順調に走っていたものの、もうすぐ東京を抜けるというところで大渋滞にはまりました。トレーラーが電柱にぶつかって電柱が倒れたらしいのです。
国道は閉鎖され、脇道に迂回する措置が取られていました。

渋滞といっても、のろのろ運転くらいですぐ抜けるだろうとたかを括っていると、全く動かなくなりました。今更脇道に逸れるにも逸れようのないところなので身動きが取れません。
結局、3キロの道のりを抜けるのに2時間近くかかりました。
渋滞を抜け、やっとの思いで東京を脱出。お昼も取らず走りつづけ、足も限界が近づいてきました。

秩父市に入った頃にやっと道の駅で昼食休憩しました。
田舎蕎麦を食べて休憩し、再び目的地に向けて出発。
何度か道に迷いながら、やっと到着しました。

今日の温泉はここ。水と緑のふれあい館

お湯がすごくとろりとしていてお肌がうっとりしちゃうくらいつるっつるのすべっすべになります。
内湯が1つしかない簡素なところですが、空いているのでゆったり入れました。ジャグジーがあったので右足をほぐしながらじっくり漬かったら、運転疲れで出てきた張った感じも治まりました。

帰り道、どこかでおいしい天ざる蕎麦を食べようと思いながら幾度と通りすぎてしまい、食べ損ねました。次回に持ち越しです。

返却時間が迫っていたので、寄り道することなく真っ直ぐ帰りました。
お世話になったパッソさんと別れて今日の湯煙紀行はおしまいです。

【今回の走行距離】229km
【パッソさんのご飯代】9.79L
結局、また足が疲れました。でも湯上り美人になったからいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください