このブログは、こんなワードで検索されています

長いことホソボソと続けてきたくらげブログですが、最近になって徐々にアクセスが増えてきました。今まで一ヶ月で100PVもなかったのですが、ようやく100PV以上に増えてきました。

もちろんアクセス数は気になりますが、最近ではアクセス解析ツールのGoogle AnaryticsPt engineで検索ワードを見るのも、楽しみの1つです。

そこで、よく検索されるワードやおもしろいワードを挙げてみることにします。

まずは、多く検索されるワード

F153

松村電機製作所の調光卓です。くらげが一番使っていた卓のため、このブログによく登場します。もう一つのブログには、使い方を詳しく書いています。
現在、トリセツをわかりやすく書いたサイトをWordPressで作っているのですが、サーバーにアップする段階でつまづき、絶賛未公開中。
DSCF6757.jpg

F151

F153の前機種です。残念ながら、くらげは増員で入ったホールでしか触っていないため、パッチ操作などはわかりません。

Vector Worksに似たCAD

ベクターワークスは、舞台図面、照明仕込み図に頻繁に使われています。Illustratorのようなドロー系のCADなので直感的に使えますが、値段が30万とバカ高いのがネックです。
なので、代替できそうなソフトを探してみたけど、ドロー系って全然ないのです。

舞台照明 CAD

ベクター高いからね。

Libre CAD

フリーのCADソフトです。Win,MAC,Linuxで使えます。
Libre Right

AR_CAD

これもWin用CADソフト。
AR_CAD Right dxf

Auto CADに似たソフト

DraftSightがAuto CADに似ているのですが、Auto CADは純CADなんで使い方がすんごく難しいのです。
Libre Right

JW CAD

あまりに使いにくくて、シンボルを移動ことすら断念したソフト。Win用。

Toshiba Licstar -Ⅵ Type-J

東芝の調光卓です。音楽ホールの時に使っていました。
DSCF4281_2014102209161697d.jpg

木苺 群生

多摩南部は木苺がよく発見できます。それと、伊豆でもあったな。
DSCF7743.jpg

サスパッチ

舞台照明設備の一種。
とっくに廃れたかと思っていたら、意外と郊外にはある。よく見るのは松村製。最初は仕組みの理解に苦しみました。
DSCF6582_20141022091617559.jpg
ほぼ、CADと舞台照明関連です。特に、調光卓関係は情報が少ないので検索するしかないのだと思います。

不思議な検索ワード

Jascii 読めない

JASKII(ジャスキー)は、舞台照明の調光データ用オフライン規格です。COMOSよりセーブもロードも早いです。
JASKIIという読み方がわからないのか、それともデータが読み込めないのか。
DSCF3615.jpg

npm-1083b

なんのこっちゃ。

クラゲ模型の作り方

なにそれ。くらげもほしい。

指定管理制度で半官半民で運営するホテル

半官半民ホールにでしたら、いました。

発表会 会場 立ち入り制限 無理やり入る

そういう方は扱いに困りますね。主催者判断に任せますが。

行灯の作り方 ベクターワークス

えー、行灯の作り方は一切書いていません。

松村電機製作所 操作卓 電源が入らない

即、サービスセンターにご連絡を。

脹ら脛 くらげ

え?くらげの美脚が見たい?

ぴんすぽっとらいと

カタカナで書いてください。

質問にお応えします

アパレル什器の搬出 搬入の仕事はつらいか

搬出を待つのが辛いです。

退職者へ出勤最終日花束を贈呈しますか

ぜひください。

ビバホームで工具ケースはおいているの?

工具箱は置いてあります。トラスコの青いやつが。

ベクターワークス 2008 win8 dxf変換出来ない

12.5までしか使っていないのでわかりません。

toshiba licstar-iv(type j) dmxつなぎ方

まずは、DMXパッチ盤でパッチしてから卓でパッチしてください。チャンネルは空いているチャンネルじゃないと、既存のディマーが点灯してしまいますので注意を。

締めくくり

このブログは、ほぼCADとF153の検索によって成り立っています。それ以外でほとんど検索されないのが、寂しいところです。散歩とか旅行とか日本酒とか。
検索ワードを調べることで、また違った側面でブログの存在が見えてきます。

2 Comments

みかんうさぎ

SECRET: 0
PASS: 14e1b600b1fd579f47433b88e8d85291
こんにちは。
「Jascii 読めない」ってのは
ジャスキーの入力自体の読み込みが
できない方でしょうねぇ。
実のところ私自身はジャスキーデータを
作ったことが無いんですが(笑)、
FDへ保存時にジャスキーの文字を
小文字にしないと調光卓の方で
読み込まないんだったかな?確か(うろ覚え)。
F153のマニュアルにはそんなこと
どこにも書いてなかったはずなので、
F153がうちに導入された時に
乗り込み業者から「読み込まないけどなんで」
と突っ込まれて困った経験がありますわ。
で、FDの内容自体をチェックしたくても、
もはやFDを読めるパソコン自体が死滅状態
なんで、原因追究が現場でできないという…。
もういい加減、FDはいかんだろうという話。
うちの音響卓は保存方法が
USBとかSDHDとか対応してるのに……。
後付けでもいいから、保存入力方法を
増やしてほしいですわ。

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
みかんうさぎさん
いらっしゃいませー。
くらげも、去年初めてJaskii使いましたがCOMOSより断然保存も読み込みも早いです。「ええ?もう!?」ってくらい。
外国製卓はすでにSDカード化しているというのに、困りますよ本当に。
小文字の件は知らなかったです。聞いたこともないですね。業者もCOMOSしか持ってきたことがなかったし、
text使うこともなかったので。
PCは外付けのFD買ってみては?まだネットならありそうな気がします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください