そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

道了尊から、茶畑と石窯パン屋を経てざる菊園

今日は、小田原で劇団の稽古見があります。なので、稽古場に送ってもらいたいのもあって昼間は実家に寄ることにしました。

稽古までは時間があるので、それまでくらげ父とお出かけします。
おでかけコースは、南足柄の大雄山にある道了尊にお参りに行ってから、親戚のうちに顔を出してから菊園で菊鑑賞です。

まずは道了尊

はじめに。道了尊ってこんなところ
紅葉は、まだまだ先です。今はまだ、先端の葉が色づいたばかりです。
DSCF8075.jpg
奥の院の手前にある、350段ほどの急階段をぜえはあぜえはあ言いながら、休みつつ奥の院まで上がります。手前の人は、くらげ父です。
DSCF8078.jpg
こんな階段、余裕だね。は~疲れたどっこいしょやれやれ。参拝したら、近くの湧き水を飲んで喉を潤します。この湧水が疲れた身体に染み渡っておいしいんです。
DSCF8080.jpg
そしてゆったりと裏の下り坂で帰ります。こんな急階段降りてられっか。

続いて茶園へ

足柄街道という広域農道を小田原方面へ行くと、途中の山の奥の奥のほうに矢佐芝という地域があります。ここでは、親戚が茶園を開いています。ついでに寄ってみました。
こんな広大な敷地に茶畑がびっしり。
DSCF8089.jpg
ちょうど、お茶の木は花の咲く時期です。
DSCF8084.jpg
山の幸が豊富で春は山菜やたけのこ、秋は栗や自然薯の収穫が毎年楽しみでした。あと、水の空気がおいしいので育つ野菜がとてもおいしいのです。
茶園は、いとこが継ぐ気ないので、後継者はいません。

天然酵母の石窯パン屋へ

帰り道の途中、天然酵母の石窯パン屋、”天豆”へ寄ってみました。山の奥の茶畑に囲まれたのどかな集落に、ぽつんとお店はあります。まだ新しいお店で、たまたま最近ネットで存在を知りかねてから行きたいと思っていた店です。
駐車場から店に向かう道すがら、猫団子を発見。くらげも混ぜてほしい。
DSCF8091.jpg
こちらが天豆です。屋上には大量の薪が積んであります。
DSCF8093.jpg
ここは日月火が休みなのですが、たまたま屋根の上に店主の方がいてお店を開けてくれました。パンはハード系とソフト系の2種類です。くらげが行ったには6個くらいしか置いてありませんでしたが、どれもおいしそうで迷いながら、”グラハムナッツ”と”チーズトマト・オニオン”の2種類と、くらげ母へのおみやげに”伊予柑ピールとひまわりの種”を購入。昨日焼いたパンなので、割り引いてくれました。
パンを買うと、ご主人手書きのパンのメニューを添えてくれます。また来てみたいお店です。

続いて、ざる菊園へ

小田原の久野でざる菊というのが見頃らしいので、そのまま足柄街道を小田原へ進みます。
ここは、”ざる菊園”という個人宅で育てられた菊を一般開放しているところです。
見事な菊がたくさん。
DSCF8099.jpg
ミツバチたちが一生懸命に蜜を集めています。
DSCF8101.jpg
真っ白な菊は、まるでマーガレットのよう。
DSCF8103.jpg
家の裏にもさらに鉢植えがびっしりと置かれ、ご主人手作りのこんにゃくと羊羹も売られています。11月下旬までが見頃です。
この近くには、フラワーガーデンという色んな花が見られる施設もあります。

足柄街道沿いは、見どころ満載です。

Massage
  1. ゆうき より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    出ました!!この急階段!!!
    前に見た時、ぐったりしました!(笑)
    ここを登るだけで体力無くなります。帰る気もなくなります(笑)

  2. そらいろくらげ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ゆうきさん
    いらっしゃいませー。
    ちなみに、80歳近いくらげ父はくらげほど息切れがしていませんでした。悔しい。
    いつも裏道で帰るためこの階段を降りたことはないのですが、降りようとも思いません。

コメントを残す


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

goToTop