カセットコンロとフライパンで自宅1人焼き肉

スポーツジムでトレーニングをおこなった日は、タンパク質摂取のためにも焼き肉が食べたくなります。

焼き肉は、手間を掛けずにテーブルの上で焼いて食べるのが一番です。くらげ邸では、ついこの間まで”タイガーホットプレートこれ一台”というホットプレートを使用していました。
ですが、箱から出して準備して、使ったあとは鉄板洗って拭いてしまうという一連の段取りがめんどくさくなってきたので、最近はめっきり出番が少なくなり、お蔵入りとなりました。

代わって最近活躍しているのが、カセットコンロです。

カセットコンロは、イワタニの達人スリム。
薄くて場所を取らず、天板がフッ素加工なのですぐに汚れが拭き取れます。さらに、けっこう火力も強いです。

カセットコンロの上にフライパンで焼き肉しています。
焼き肉

使うフライパンは、ステンレスや鋳鉄などの熱伝導率のいいフライパンだと短時間でおいしく焼くことができます。くらげ邸のフライパンは熱伝導率がよく保温性に優れた多重構造のステンレス無水フライパンですので、肉への火の通りも早いです。

普通のフライパンだったら、煙が出るくらいしっかりと予熱をしたほうがいいです。

ただ、フライパンだと味気ないのが残念なところ。カセットコンロに置ける手頃な大きさの鉄板を探しているのですが、ネットで調べたらスキレットというものを見つけました。
LODGE(ロッジ) ロジック 6.5インチ スキレット フライパン L3SK3
LODGE(ロッジ) ロジック 6.5インチ スキレット フライパン L3SK3

これなら、お肉も野菜も美味しく焼けそうです。餃子とかチャーハンも美味しく作れるみたいです。
最近じゃニトリでも出していますね。ニトスキと呼ばれていて、けっこう評判もいいようです。

くらげが買ったのは、ロッジではない安いタイプです。サイズは15センチ。

さっそく焼肉をしてみました。おいしく焼くコツは、煙が出るくらいにしっかりと予熱をすることです。こうするとおいしく焼くことができます。ただ、さすがに15センチじゃちょっと小さかったです。お肉が2〜3枚しか入れられないです。たとえ一人焼肉でも最低16センチ以上はほしいところです。

スキレットのお手入れは最初にしっかりとシーズニングという油の膜を作ってサビ防止対策をしておけば、全然こびりつきません。
フライパンよりじっくりこんがり焼けるので、火の通りがぜんぜん違います。焼けるジュージューという音も食欲をそそります。

あと、スキレットで一番オススメは、ナスやピーマン、玉ねぎなどの火が通りにくい野菜をじっくり焼くことです。こんがり焦げ目付くくらいに焼いて塩だけで食べると、野菜の甘味が出てとてもおいしいです。ちょっとオリーブオイルを垂らして焼いてもいいかもしれません。

それと、スキレットは後処理が大事です。サビを防ぐ効果のある油膜を残すため、洗剤で洗ってはいけません。もししっかりと洗いたい場合は、お湯を使ってたわしでこすります。
洗ったあとはすぐに火にかけて水分を飛ばします。放置しておくとすぐにサビが出てしまいます。表面の油分が足りないようであれば、食用オイルを垂らしてキッチンペーパーで拭きながら全体になじませます。

締めくくり

ということで結論。

手軽に焼き肉をするならフライパンで。鉄板で焼くおいしさを味わいたいなら、後処理が面倒でもスキレットをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください