そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

美大生の感性に卒制展【ムサビ・女子美編】

さて、新国立美術館で開催されている東京五美大卒制展の作品紹介も、これで最後となりました。
最後は、武蔵野美術大学と女子美術大学です。

他の大学はこちら。
タマビ編
日藝・東京造形大編

まずは、武蔵野美術大学からご紹介。

武蔵野美術大学

『八面大王の亡霊』
絵がとてもかわいくて、ストーリーを見てみたくなります。
DSCF8435.jpg
DSCF8436.jpg
DSCF8437.jpg
『組成』
化学と美術の融合。
DSCF8443.jpg
『pixel』
Photoshopなどで画像を拡大すると、こうなります。webデザインの仕事でよく見ています。これをアートにしちゃうところが素敵です。
DSCF8445.jpg
『さわりたいのにさわれない』
着眼点がおもしろいです。
DSCF8449.jpg
DSCF8448.jpg

女子美術大学

『peter Lune and friends』
これ、全部楽器です。真ん中をバチで叩くと、木琴のような音がします。
DSCF8471.jpg
タイトル不明。
色使いが好き。
DSCF8473.jpg
『ハジマリの森』
同じく、色使いが好き。
DSCF8475.jpg
『体温のあるところⅠ』
LEDだって美術作品になります。
DSCF8481.jpg
『じゃがいも』
芽の出たじゃがいもだって、美術作品になります。
DSCF8483.jpg

締めくくり

今年も、くらげの感性がくすぐられる作品がたくさんあり、いろいろと刺激を受けました。こうして挙げた作品を見てみると、去年とほとんど傾向が同じで、くらげはどうやらきれいな色使いが好きみたいです。あと、ブルー系とか。
気軽に写真を撮りながら眺められる美術展は楽しいです。来年の卒制展も楽しみにしています。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

goToTop