県立21世紀の森から矢倉岳を目指す

今日は、実家に帰ったついでに近隣を散策することにしました。

今回散策するところは、県立21世紀の森です。
県立21世紀の森は、南足柄市の丹沢山系と箱根外輪山が連なる小高い丘陵にある施設です。施設とは言っても、107ヘクタールもある敷地内のほんの一部に展示室や研修室があるだけで、他はほぼ森です。

21世紀の森までは車で向かいますが、広大な敷地で勾配もあるため、長距離散歩のときと同様にトレッキングシューズ着用で気合を入れて散策します。

森のなかを散策

駐車場に車を停めて、散策開始です。
駐車場の近くには運動広場があり、県内の高校生らしき集団がバスで乗り付けて何かの練習をしていました。しばらく登っていても、彼らの声が耳に届きます。さらに、遠くからは選挙カーから聞こえる選挙活動の声。何だか情緒ないな~。

しばらく歩いていると、標識が見えてきました。
DSCF8731.jpg

これから、この急坂を登ります。
DSCF8730.jpg

これ何の花だろう。
DSCF8735.jpg

県立なのでいちおう整備された道ですが、こんな道だったりします。
DSCF8736.jpg

そして、50分ほどで見晴らしのよいセントラル広場に到着。ここから、いろいろ道が分かれます。案内図を見てみると、右に行けば洒水の滝、左に行けば2時間ほどで矢倉岳に登ることができます。

矢倉岳とは、金太郎の産まれた足柄峠のあるおにぎりの形をした山です。小田急線で新松田を過ぎると、特徴的な形をしているのですぐに分かります。

時間は14時前。せっかく軽登山の装備でここまで登って来たので、行けるところまで行ってみることにします。

と、その前に寄り道

今すぐにも目指したいところですが、その前にトイレに行くことにします。トイレは、このセントラル広場から右方向の洒水の滝方面へ下ったところにあります。
10分ほど歩いてトイレを済ませ、しばらく付近を散策すると、こんなものがありました。ここは、ヒノキ採種園です。種子を取りやすくするために低く管理しています。種子を採取しているのは、花粉の少ないヒノキの実用化を目指しているからだそうです。
DSCF8756.jpg

そして、再びセントラル広場へ戻ります。

矢倉岳を目指す

案内図に従い、矢倉岳方面へと向かいます。歩道は広く整備されていて、歩きやすくなっています。右側には、迫る山肌。
DSCF8764.jpg

ここら一体の山には、こんな形の石が多くあります。まるで刃物で切ったようにすぱっと割れています。おそらく、火山系の石でもろいのだと思います。
DSCF8741.jpg

こんなのとか。
DSCF8765.jpg

こんなのも。
DSCF8748.jpg

ひたすら進んでいると、いつしか道幅が狭くなり、やがて道が途切れました。周りは杉だらけ。
DSCF8766.jpg

どうやら間違えて、水源整備用の保安道へ入り込んでしまったようです。しばらく元きた道を戻ると、あ、分かれ道があった。
DSCF8767.jpg

しばらく、こんな道を進みます。
DSCF8768.jpg

倒れても、生き続けている木。生命力の強さに圧倒されます。
DSCF8769.jpg

根っこだらけ。
DSCF8770.jpg

やがて、急に視界が開けたかと思うと道が下り始め、水の流れる音が聞こえてきました。地面は火山灰の黒くザラザラとした砂に変わり、崩れ掛けた細い道に差し掛かります。
DSCF8774.jpg

そして、沢に出ました。水がとても冷たいです。
DSCF8779.jpg

この沢を渡ってまたしばらく登れば、矢倉岳の頂上に到着します。ここまでで、1時間40分ほど。時間は15時過ぎ。このまま進むには時間が遅いため、ここから引き返すことにします。

21世紀の森を目指して引き返す

帰り道は、途中から浜居場城跡経由で戻ります。

どこらへんが浜居場城跡なのか、急勾配すぎてよくわからないまま、道無き道をひたすら21世紀の森を目指して進みます。いちおう、目印としてピンクと青の紐がところどころに結んであるので、迷うことはありません。

いやそれにしても、この道はきついな・・・ぜーぜー。
DSCF8782.jpg

急勾配の坂を滑らないように降ります。
DSCF8786.jpg

ぜーはーせーはー、ま・・・また登ります。
DSCF8787.jpg

この繰り返しで、ああもうしんどい。そして、ようやくセントラル広場へ帰還。この近くの見晴らし所で一休み。足柄平野を一望します。遠くには、相模湾。うちがどこだかわかんない。
DSCF8790.jpg

帰り道は、舗装された道路を下ります。途中には、こんな植物が。何だか葉っぱが天使の羽みたい。
DSCF8792.jpg

16時30分、駐車場へ到着。今度は、早い時間にもっと充実した装備で目指したいと思います。

今回の記録

  • 開始時刻・・・13時24分
  • 終了時刻・・・16時32分
  • 所要時間・・・3:08’38”
  • 距離・・・11.50km
  • カロリー・・・327kcal

距離的には七沢森林公園の時よりも少ないのですが、さすがにずっと山道だとぐったり度は高いです。

4 Comments

みかんうさぎ

SECRET: 0
PASS: 14e1b600b1fd579f47433b88e8d85291
こんにちは。
ぢつは私もその写真のような
山道を歩くの大好きなんで、
いいなーと思って拝見しました。
装備は大切なんだけど、
いかに無駄な装備を削減するかも
重要なファクターです。

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
みかんうさぎさん
いらっしゃいませー。
山道はいいですね。鳥の声と木に囲まれているとスッキリします。
くらげにとっての装備というのは、ドリンクの入ったボトルとご飯、それから一番大切なおやつです。頂上にのぼったときの楽しみは、何と言っても景色見ながらのご飯とおやつです。あと、ウィンドブレーカーと方位磁石と地図ですね。
これらがないと高い山にのぼるのは不安です。

返信する
ゆうき

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
うわあ本格的な山道ですね!
一人で行くの怖い・・・
 
酒水の滝の方なのですか?
なんだか生命を感じる森ですね!
すごいな・・
そうだ、鎌倉アルプスを考えなくちゃ!!

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ゆうきさん
いらっしゃいませー。
洒水の滝とは反対側の足柄峠方面を目指しています。1人だと、自分のペースで歩けるからいいですよ。
今度はちゃんとご飯とおやつを持って朝から歩こうと思っています。
鎌倉アルプス、すんごい楽しみにしています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください