婚活パーティに潜入

以前知り合った方の会社が企画している婚活パーティで、女性が足りないとのことで参加依頼を受けたので潜入してきました。
潜入とはいえ、もちろん気合を入れてそれなりの姿に擬態しますよ。

今回のパーティは、バーを貸しきってお酒や軽食を食べながらのカップリングパーティです。街コンには一度参加したことがあるとはいえ、やっぱりこういうのに参加するのは緊張します。
案内された席に座り、プロフィールカードに名前や職業、年齢、趣味などについて書き込みます。
人身事故の影響で到着が遅れたため、書き込んでいる間にパーティが始まりました。

パーティはこんな感じ

パーティでは、男性が女性の隣に座り、お互いプロフィールカードを交換して自己紹介をします。時間はだいたい2分から3分です。そして、時間になったら時計回りに男性が移動します。こうして、次々に男性がやってきては自己紹介をしあって行くという方式です。

くらげは、いつもは飲まない甘いお酒を飲みながら、いつもの適当で大雑把な性格が現れないよう慎重におしとやかに、明るく対応いたします。
party_02.jpg

出席者の職業

クリエイター系の会社が主催のため男性の職業もクリエイター系だと思っていたら、様々な職種の方がいます。中には、随分個性的な風貌をされていると思ったら役者をされている方だったり、トラックの運転手や飲食店経営、とび職なんて方もいます。

くらげは、話のネタになればと思って職業欄にWebデザイナーと舞台照明家の両方を書いています。そして、趣味や特技はすぐに思いつかなかったので空欄です。そのためか、話はどうしても仕事の話になってしまいます。役者さんやフロントエンドエンジニアの方が回ってきた時には、婚活であることを忘れてついつい、普通に仕事の話を真面目にしてしまい、まるで異業種交流会のようです。

そのうち、自己紹介タイムも短くなっているのかだいたい1分ちょっとで交代という感じになってきて、とにかく話をするだけで精一杯。気に入ったかどうかを考えたり、その人の番号を記憶しておく余裕すらありません。

フリータイムからカップル成立

全員回った後は、フリータイムです。気になる人の隣に移動して、たっぷりお話をすることができます。しかし、隣の席が空いているにも関わらず、くらげと話したいという人は寄って来ません。向かいに座っているかわいい女性も、つまらなそうにしています。

その後の結果では、めでたいことに4組のカップルが誕生しました。発表はしないので、誰と誰かはわかりません。
くらげはというと、その後も誘われたり話しかけられたりすることもなく、さっさと会場をあとにして寂しく夜の繁華街を抜けて帰ったのでした。

さ、寂しくなんかないもん。

2 Comments

kenzo

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
同じく婚活パーティーに参加した友人が「回転寿司状態だった」と言っていましたがまさしく!(笑)
お次は山で探しましょう!山いっぱいいますよ~

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
kenzoさん
なるほど、回転寿司とは言い得て妙ですね。これだと思ったネタはチェックしておかないと、取り損ねます(笑)
山には素敵な殿方がたくさんいるんですね。アウトドア好きな方がいいので、チェックしておきます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください