サウナ浴で風邪退治をしてみる

先週金曜日にぐっと寒くなってから、吊られて風邪ひきました。
クラゲでも人間並みに風邪はひきます。症状は、くしゃみと鼻水。おじさまのごとく「ぶへっくしょい」とくしゃみ連発し、ずびずび鼻かんでいます。

風邪ひいたまま、普通に仕事しているのでなかなか治りません。
明日はけっこうハードになりそうな仕事が控えているので、サウナで風邪を治したいと思います。

風邪とサウナ

風邪をひいているときにお風呂は控えるほうがいいと聞きますが、サウナはどうなのか調べてみました。

サウナが風邪に効くという理由は以下のとおり。

  • 高温の乾燥した空間にいることにより、鼻腔内のウィルスを死滅させる。
  • 発汗作用によりウィルスを死滅させる。
  • 高温のサウナと水風呂に交互に入ることにより、代謝がアップする。
  • ただし、サウナ浴は体に負担が掛かるため、発熱している場合や体力が落ちている場合はオススメできません。
    くらげの場合、ちょっと背中に寒気を感じる程度で熱はありません。

    実際に入ってみた

    サウナに入ってみると、寒気を感じるほど身体が冷え切っているせいか、なかなか身体が温まりません。しかし、いつもは6分か7分程度で暑くてたまらなく感じるこの空間が、心地よくてたまりません。
    最初は10分近く入って、水をかぶってから水風呂へ。さすがに今回は水風呂に長く入るのは辛いです。水風呂の後は外の縁台で寝転がって休むのですが、こちらもつらいので3分くらい身体を休めてすぐに中へ入りました。

    サウナへ3回ほど入ると身体はやっとぽかぽかと温まってきてほどよく汗もかいてきました。しかし、水風呂と外の寒さは相変わらずつらい。結局、4回入って最後は水風呂に入らずに出ました。それでも、身体はしっかりぽかぽか。

    結論

    風邪に効いたかというと、あまり効いていないです。それよりも、芯まで身体が温まったのが大きいです。家のお風呂や脱衣所は寒くてすぐに冷めてしまいますが、スーパー銭湯だとお風呂も脱衣場も温かいので湯冷めしないで服を着ることができます。

    水分をしっかり摂って、ムリせずゆったりと身体を温める目的で入ればいいのではないかと感じました。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください