そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

都民体験の森で本格登山〜上り〜

今週も、山に繰り出します。今回の行き先は、東京都民の森。ここは、初心者から中級者クラスが登れるトレッキングコースがあります。
今回は、森林浴をするために短いコースを歩いたあと、近くの日帰り温泉でひとっサウナ浴びます。

都民の森は、東京の奥地である檜原村にあり標高1000メートルから1500メートルの高地で自然を身近に感じ、楽しむ事ができる山岳公園です。

都民の森までは、JR五日市線武蔵五日市駅からバスで75分です。しかし、この時期は冬季運休をしているため車以外での行く手段はありません。なので、今回はカーシェアリングを利用して向かうことにします。

7時15分、駐車場を出発

今日は、ちょっと遅めの出発です。予約時にカーナビの設定もしたので、乗り込んだらあとはナビの言うとおりにしたがって運転するだけです。
今回使用する車は、SUZUKIのソリオ。座高が高く、座面もくらげの身体に合うので運転しやすい車です。

時間的に八王子付近がちょっと混んでいるところがあったものの、あきる野市を抜けて五日市街道を越えて青梅市に入り、山岳地帯へと入ります。さすがにこの辺りは、路面が凍っているところもちらほら。これは却って早い時間に出なくてよかったかもしれません。

カーシェアリングではサービスの特性上、レンタカーのように冬用タイヤを装着することができません。なので、いつも以上に慎重に車を走らせます。
青梅線沿いの国道411号線をひたすら奥多摩方面へと向かい、奥多摩駅の先のトンネルをすぐ抜けた先を左折。対向車とすれ違うのもやっとの坂道を延々と登ったところが、目的周辺です。運転お疲れ様でした。
DSCF0393.jpg

・・・って、ここどこー!?

くらげがナビに導かれてたどり着いた場所は、周りに何にもなく舗装もされていないだだっ広い観光駐車場。どうやら、ここは「奥多摩都民の森(体験の森)」というところのようです。
都民の森って2箇所あったのか!!どうやら、ナビの設定を間違えたみたいです。何も疑問を持たずに五日市街道を通り過ぎていました。

何はともあれ情報収集

どうやらここにも登山コースがあるみたいなので、周辺を探るためちょっと上まで登ってみます。すると、栃寄森の家という管理事務所がありました。
DSCF0396.jpg
きれいな建物で、靴を脱いで上がります。宿泊施設もあるらしくて、食堂が入ってすぐのところにあります。中に入ってまずはトイレを済ませ、地図などを見ているとどうやらこの一帯は体験の森という山岳公園で、御前山をぐるりと一周するように登山ルートがあるようです。早くて2〜3時間ほどで戻ってこれそうだったのでハザードマップをいただき、登ってみることにしました。

アイゼンなどの装備がないため、ムリはせず道が凍っていたりちょっとでも危なそうなら引き返す予定です。

御前山を目指す

栃寄森の家の近くには1軒だけ民家があり、蕎麦屋も建っています。ただ、冬季はやっていなさそうです。
登ってしばらくすると、雪の残っているところに動物の足跡がありました。
DSCF0397.jpg
DSCF0398.jpg
しばらくは、こういった林道が続きます。
DSCF0399.jpg
しばらく道なりに進み、やがて道は雪に覆われてきました。
DSCF0401.jpg
舗装された道はふつうの登山道へ。
DSCF0404.jpg

本格的な登山道へ

最初は楽に登れた道ですが、御前山という看板の立っているところからいきなり厳しい山道へと変化します。
DSCF0406.jpg
道にはこんなに大きな霜柱が立っています。こんな大きな霜柱をざくざくごりごりと潰しながら前に進んでいきます。
DSCF0407.jpg
カラマツの広場にある休憩舎から奥多摩方面を望みます。景色はよくありません。ここまでで、約1時間です。
DSCF0408.jpg
しばらく、こういった厳しい登山道が続きます。
DSCF0409.jpg
それにしても、頂上はすぐ目の前に見えているのに、なかなかたどり着きません。急勾配なので、ぐるりと一周するように登って行くのです。ぐんぐん進むと疲れてくるので、ギアを1速に入れるように狭い歩幅でゆっくりと前に進みます。

頂上へ到着

頂上のためには避難小屋があり、休憩ができます。汲み取り式トイレもありますが、標高が高いと微生物が分解できないため、トイレットペーパーは使用後にゴミ箱へと捨てます。もちろん、手を洗うところはありません。
やがて、さらにきつい階段へと変化しました。けっこうこれが身体に応えます。
DSCF0411_20160115214835ce0.jpg
水晶の結晶みたいな霜柱。
DSCF0412.jpg
そして、ようやく頂上へ到着。眺めはよくないので、あまり実感がありません。
DSCF0415.jpg
DSCF0414_201601152150366a9.jpg
ずっと厳しい上りで、全身汗びっしょり。でも、ちょうどこのときは太陽が雲に隠れてしまい、頂上はひんやり。こういうとき、バーナーとクッカーがあれば温かい料理で身体を温められるのに。いつか買おうかと思ってけど、今すぐほしくなりました。

あまり長居をせずに山を降ります。続きます。

次回の記事:体験の森で本格登山〜下り〜

Massage
  1. kenzo より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おーこの時期よく行きましたね!すごい
    雪景色が綺麗。
    御前山は地味にシンドイ割に、山頂の見晴らしがあまり良くないという話を聞いていたので避けていました。
    やっぱり見晴らし良くないのですね。
    よし、バーナー買いましょう!

  2. そらいろくらげ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    kenzoさん
    いらっしゃいませー。
    いやー、こんな雪が積もってしんどいところだとは思っていなくて。
    バーナーはこの時期は必須ですね。うどんとか調理して食べたいです。

コメントを残す


goToTop