大岳山山頂で煮込みうどんを調理〜装備編〜

今回で3度めとなる登山、今回は奥多摩にある大岳山を目指します。
今回は雪山ということで、頂上で煮込みうどんを調理して食べようと思っています。

それと、装備も揃えたのでまずは装備の紹介です。

今回の装備

前回、奥多摩の御前山に登ったところ、山頂付近に雪が残っていて楽しかったので、もう一度登ってみたくなりました。低山とはいえ、雪山に登るにはそれなりの装備が必要になります。
20160207_2.jpg

靴周り

アイゼン

まずは靴の付け爪、アイゼンを購入。モンベルの8本歯です。4本じゃ安定悪そうなのと、多すぎても重いそうなので中間をとって8本にしました。

スパッツ

前回、やたら小石や枯れ葉、雪などが靴に入ってきて、靴を脱いで異物を出さないといけないので面倒でした。歩き方が悪いのかと思っていましたが、ちゃんと異物混入を防ぐものがあったのでさっそく買いました。こちらもモンベルです。

ザック

登山には、しっかりとした装備が必要になります。あれやこれやと詰め込んでいると、今まで使っていたザックでは入りきらないため、30リットルのザックを購入しました。
メーカーは散々迷ったのですが、ちっちゃなくらげでも合いそうなColumbiaにしました。色はブルーへロンです。価格は他のメーカーと比べると安めですが、いろんな機能が充実していてコスパが高いです。

ジャケット

今まで使っていたSOUTH FIELDのアウトドアジャケットでは心許ないので、Columbiaのレイクパウエルに買い換えました。アルミのリフレクタープリントがされているオムニヒートは効果あります。

ファーストエイド

ファーストエイドとは、救急セットのことです。こちらは、モンベルのファーストエイドポーチ。口をくるくる丸めてバックルで留めれば防水効果があります。

救急セットの入れ物なんてなんでもいいやと思っていたのですが、他人から見てもファーストエイドと分かる必要があるため、ちゃんとしたものを買うことにしました。
この中に、絆創膏やジェルシートなどの救急セットとアルミブランケット2枚、ヘッドライト、携帯ラジオ、補修用のアルミテープ、IDカード入りホイッスル、ヘッドライトなどの緊急用品も入れています。
登山じゃなくても、防災用品としても使えるように揃えました。

コンパクトストーブ

忘れちゃならないのが、コンパクトストーブです。ブログ仲間のkenzoさんに触発されて購入しました。クッカーのついたお得なセットです。これでいろいろ調理して食べるんだい。

スポーク

忘れちゃならない、食べるためのスプーンとフォーク。こちらは一体型の先割れスプーンです。チタン製なので軽いです。先割れなので、スプーンとフォークの両方が使えます。

サポーター

前回は、下山時に膝が痛くなりました。なので、ヒザ痛予防にサポーターを購入。とりあえず、一番痛かった右膝に巻いて効果を見てみようと思います。

以上、装備の紹介でした。次回は登山編です。お楽しみに。

次の記事:大岳山山頂で煮込みうどんを調理〜登山編〜
次の次の記事:大岳山山頂で煮込みうどんを調理〜下山編〜

2 Comments

kenzo

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
装備結構揃えましたね!
30Lって思いのほか大きいですね。
kenzoリュックは20Lなのですが、そろそろ手狭になってきてしまいました。。
といってもリュックを3個も4個も持っててもアレなので、50Lを検討しています。
SOTOアミカスのスタートキット、まだ在庫あったんですね!?
購入出来てよかったです。
煮込みうどん記事期待します!

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
kenzoさん
いらっしゃいませー。
スターターキットはAmazonの他、スポーツオーソリティでも見かけました。
やっぱり、装備を考えるとザックは大きいのに限ります。ただ、くらげは背が小さい分、40リットル以上は背負うのが厳しいのでテント泊は諦めています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください