そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

蕎麦粒山から川苔山を縦走〜川苔山編〜

奥多摩の山を都県境に縦走する山登り。続編は蕎麦粒山から川苔山へ向かいます。

前の記事:蕎麦粒山から川苔山を縦走〜蕎麦粒山編〜

と、その前にお楽しみのお昼ごはんの時間ですよ。
いつもは頂上のベンチで食べるお昼ごはんですが、今回は頂上が狭い上に風が強いので、広い野原でお昼にします。

野原でお昼ごはん

DSCF0877.jpg
さっそく、いそいそとお昼ごはんの準備。平らじゃないのでストーブが安定せず、ボンベの3分の1を土に埋めて安定させました。座るのには、モンベルで買った座布団を使います。
本日のメニューは、カレーうどんです。まずは、前日の夜に炒めておいた具を鍋に投入。水でぐつぐつ煮込みます。具は、玉ねぎ、人参、豚バラのコマ。
DSCF0878.jpg
次に、カレールーと薄めためんつゆを投入。
DSCF0880.jpg
うどんを入れてしばらく煮込んだら、はい出来上がり。簡単ですねー。
DSCF0882.jpg
お腹がいっぱいになったところで、すぐに出発です。今回はあまりゆっくりしていると夕暮れになってしまうので、巻き気味で進行しています。

日陰の巻道で、鹿のウンコらしきものを発見。春ですね。
DSCF0884.jpg
途中、こんな岩場を通ります。
DSCF0892.jpg
しましまな石がいっぱい落ちていました。
DSCF0891.jpg
古里駅と川苔山の分岐地点にやってきました。川苔山へは残雪のある険しい山道を登ります。さすがにここまで来るとかなりきついです。果てしなく道が続いています。

なだらかだと思ったら急に険しくなり、登っても登ってもたどり着かない。ああ、まるで人生のよう。
DSCF0895.jpg
なんてしみじみと考えながらやっとの思いで登り切り、川苔山の尾根へ到着。

14:55 川苔山到着

やはり期待を裏切らない、頂上付近のさらにきつい坂道を登り切り、やっとの思いで頂上へ到着。眺めは最高です。おそらく、正面に見えている山が1月に登った御前山だと思われます。
DSCF0897.jpg
DSCF0898.jpg
こんな遅い時間なのでもう誰もいないかと思っていたら、カップルが1組と中年グループが1組いました。そして、後から中国語を話している二人連れが登ってきて、景色に感動していました。中国のほうがもっとすごい山がいっぱいありそうなのにな。

15:05 鳩ノ巣駅目指して下山開始

もうすでに、足裏の足底筋が悲鳴を上げている中、一歩一歩足を進めます。ああきつい。

落雷で折れて倒れたと思われる杉の木。まるで虫みたいです。
DSCF0905.jpg
またしても、落雷を受けた木を発見。山って怖いですね。
DSCF0907.jpg
こんなきれいな苔が生えていました。
DSCF0911.jpg
下山中、休憩していた中年グループを抜かしたのですが、しばらくしたらストックを持ちながらも何とか降りているくらげを軽快に追い抜いて行き、あっという間に姿が見えなくなりました。その元気を分けてください。
地図上では2時間ほどで下山できる予定でしたが、2時間経っても地上がなかなかやってきません。それでも、振り返ると上の方に山々が見えていて、ちゃんと降りてきているみたいです。

17:50 鳩ノ巣駅に到着

何とか、持ってきたヘッドライトを使うことなく無事に明るい時間に降りてくることができました。もう、これ以上足は動きそうにありません。

と思ったら、ちょうど上りの電車が到着していて、下り電車とすれ違うのを待っています。思わず駅に駆け込み、階段を駆け登って反対側の上りホームへ。しかし、階段を降りているところで扉が閉まり、青梅行きの電車は走って行ってしまいました。

次の電車は20分後です。駅員さんすらいない静まり返った駅でぐったりと過ごし、ようやく来た電車に乗って帰って行きました。

おさらい

20160321_2.jpg

記録

  • 開始時刻 9:00
  • 終了時刻 17:50
  • 所要時間 8:31′
  • 距離   27.46km
  • カロリー 779kcal
  • 歩数   41,353歩
  • 時間と距離的には、御嶽駅から御岳山徒歩で往復&大岳山往復した距離と変わりません。いやあよく歩いた。

Massage
  1. kenzo より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おつかれさまでした!
    川苔山、見応えのある滝があるそうですがルートが違かったから見れなかったのですかね?
    なかなかの距離歩きますね。
    それにしても山飯も楽しまれててさすがです!

  2. そらいろくらげ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    kenzoさん
    いらっしゃいませー。川苔山の途中にある百尋ノ滝は、川乗橋の方からじゃないと行けません。
    今回もがっつり歩きました。途中、ものすごく辛くてしんどいけど、降りるとまた登りたいと思うので不思議です。
    山めし、そろそろネタが・・・。

  3. シンバル より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    青梅でしたら、澤乃井経営の、ままごと屋が美味ですよ。傍の、くし笄美術館と、澤乃井の酒蔵も。

  4. そらいろくらげ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    シンバルさん
    いらっしゃいませー。
    ままごと屋、かなりいいお値段ですね。さすが懐石。でもいつか行ってみたいです。
    かんざし美術館、車で通ったときに気になっていました。登山じゃないときに行ってみようと思います。

  5. シンバル より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あ!青梅駅の、バカボンのパパの逆立ち銅像の写真が無い。

コメントを残す


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

goToTop