電気工事士になれたので申請

くらげが電気くらげになるには、試験合格後、申請に行かなくてはいけません。
申請先は、住居地の都道府県庁なので、くらげは都庁です。

しかし今日、合格通知を持って都庁で手続きするまでには、長い道のりがありました。
まず、都庁の何課に行けばいいかわかりません。技能試験のときに、合格後の手続き方法と申請用紙を試験会場に忘れてきてしまったのです。

合格通知には、電気技術者試験センターのホームページに各都道府県庁の申請先が載っていると記載してあるのに、どこを探しても載っていない。都庁のホームページを調べてもわからない。去年受かった先輩にメールで聞いても返事が返ってこない。うぎゃ~どうしようもう困っちゃうよあ~誰か助けて~と、焦りながら、ようやく判明しました。申請先は、『環境局環境改善部・環境保安課』

さっそく、電話で問い合わせてみました。申請書は、都庁の方にあるとのこと。でもって、今の期間は、都庁第二庁舎1階で、申請受付をしているとのこと。
あとは、住民票。市役所へ取りに行く時間はありません。でも、きっと住基ネットがあるはずです。

それから、証明写真2枚。これは、駅の近くで取ります。
あとは、バッグに筆記用具入れて写真切るはさみ入れてパスネット入れて財布入れて、準備完了。これでようやく都庁へ向かえます。

第二庁舎に着いて、さっそく受け付けをしました。住民票はすぐ取れることがわかり、申請書と免状送付用封筒のあて先を書いているうちに取りに行ってもらいました。
そして、手数料の5、200円を払って手続き完了。と、思ったら、わずか50円足りません。慌てて、庁内のコンビニでお金を下ろし、ようやく手続き完了です。

免状が届くのは、今月28日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください