そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

10年振りにハードコンタクトにする

ついに、使い捨てコンタクトから、ハードに戻しました。

くらげの目は、現在砂漠のように乾ききっています。そのため、ごろごろして目に張り付いてものすごく痛いのです。目薬なんてほんの気休めです。
そんな状態がずっと続いていて、眼科にも定期健診で通っていたのですが、一向によくなる気配もなく悩んでいました。
そして、ネットで調べたところ、ハードのほうが黒目を覆わない分、瞳が酸素不足にならない上、目の中で動くので涙も供給されるそうなので、思い切ってハードに戻すことにしたのです。

どのコンタクトにするか迷った末、メニコンの定額制を利用することにしました。
説明は面倒なので、気になる人はここ見てください。

で、定額制のメルスプランは加盟店でしか取り扱っていないので、加盟しているコンタクト店を併設している眼科を変えることにしました。そして、くらげ駅から近いところはなかったので、8つ先の駅にある眼科に決めました。それでも、今まで通っていた眼科よりは近いです。

と言うわけで、今日新しい眼科に行ってきました。

機械で苦手な眼圧の検査や視力測定などを行なったのですが、前の眼科より親切丁寧な対応で安心しました。

そして、いよいよハードコンタクトにご対面。久しぶり~。
くらげは、高校2年までめがねっ娘でしたが、修学旅行のスキーで不便だったのがきっかけでコンタクトに変えました。そして、そのときのレンズがハードでした。それからしばらくして落としてなくしてしまい、使い捨てに変えたので、約10年ぶりの再会です。何だか、10年前の思い出まで甦りそうです。

さっそく、装着です。・・・・・おお~黒目が呼吸できる~(」゜ロ゜)」!!

覆われる感じがしません。でも、まだ違和感があって馴染めないのですが、そのうちすぐに慣れそうです。

そして、次は先生の診察です。ご対面してみると、優しそうな先生です。そして、検査の結果、ようやくこの不調の原因が判明しました。

アレルギー性結膜炎だって。

レンズの汚れとかではなく、埃などに含まれるよからぬものにアレルギー性反応が出てしまっているそうです。
くらげ邸はしょっちゅう掃除をしているので、どう考えてもくらげホールの汚れた空気に晒されているせいのような気がします。あのホールの中には35年分のよからぬものが漂っている気がします。

それから、もう一度資料検査をして目薬を処方してもらって、今日の検査は終わりました。
新しいレンズは月曜日に出来上がります。
これで、視力も10年前に戻ってくれれば、言うことないんだけどなぁ。

コメントを残す


goToTop