そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

くらげ冬景色巡り旅・第一日目〜仙台から近くて遠い駅〜

くらげ冬景色巡り旅・第一日目

今日から3日間は、東北で過ごします。家主のトラフグさんは今日も仕事なので、くらげ一人で亘理にハラコめしを食べに行きます。
午後出勤のトラフグさんとのんびり起きたくらげは、まず朝ご飯を食べるためにファミレスに向かいました。
電車の時間まで余裕があるので、のんびりドリアを食べて過ごし、店の前で別れました。

行き先を間違える

常磐線原ノ町行きの電車まで時間があったのですが、余裕で着いてしまったくらげは、しばらく駅のホームで電車を待つことにしました。

ところが、強風のため電車は20分近く遅れています。寒風に耐えながら待ち続け、ようやく来た電車に何も考えず乗り込みました。
が、それは東北本線の白石行きだったということに気付いたのは、常磐線と東北本線が分かれる岩沼を過ぎてからのことでした。
確かに、車内アナウンスでごにょごにょ言ってはいたのですが、まったくもって聞き取れなかったのです。

遥か南の方へ過ぎて行く常磐線の線路を眺めながら、距離の離れた槻木駅で下車し、仙台行きを待つことにしました。
そして、20分してようやく仙台行きが到着。とっくに亘理に着いているころに、やっと岩沼に戻れました。

が、しかし。
次の常磐線は40分後でした。

ああ、乗り間違わなければここで足止め食らうこともなかったのに・・・。
仕方ないので、一旦改札を出て駅前をぶらぶらすることにしました。

が、しかし。
駅前は閑散としていて時間を潰せるところはありません。仕方なく、しばらく幹線道路を歩いていると、ドラッグストアを発見。ここで時間をつぶすことにしました。
15分ほど店内を隈無く歩いたところで駅に戻り、NEWDAYSで立ち読みしたら、ようやく電車の時間となったので、ホームに向かいました。

ところが。
また強風のため、20分遅れています。仕方なく、ホームで寒風に晒されながら耐え抜き、ようやく電車に乗ることができました。

こうして、苦労の末にようやく目的地の亘理に着くことができました。
081227_1303~0001

タクシーでハラコ飯の店へ向かう

亘理駅から港までは、距離が離れています。そこで、タクシーに乗って向かい、ついでにおいしいお店を教えてもらうことにしました。

しかし、おいしい店はわからないとのことで、行き当たりばったりで店を探すことにしました。
そして、荒浜に向かう道路の途中に、”あら浜”というお店を発見。ここに決定です。

さっそく、ハラコ飯を頼もうとしましたが、残念ながら14日までで時期が終わってしまっていました。なので、ちょっと奮発してほっき飯セット2800円を注文しました。
081227_1333~0001
付け合わせからほっき貝の天ぷらまで、もりもり盛りだくさんです。余すところなくしっかり平らげ、完食しました。

亘理駅に戻る

そして、行きに乗せてもらったタクシーの運転手さんに電話をして迎えに来てもらい、再び駅に戻りました。
次の電車が出るまでには、30分以上あります。そこで、駅近くにそびえ立つお城の建物に入っている図書館で時間を潰すことにしました。

そして30分後。再び駅に戻ります。
ところが、またしても強風で電車が遅れているとのことで、30分は来ないみたいです。再び、図書館で時間を潰すことにしました。

そして30分後、駅に戻りました。すると、しばらくして電車が到着。前の電車が詰まっているとのことで、しばらく停車することになりました。しばらく待っているうちにうとうとし始め、ふと目を覚ますと30分が過ぎていました。そして、ようやく40分後に電車が発車しました。

名取で夕飯

電車を乗り継ぎ、名取にあるイオンモールに到着。ここで、トラフグさんと待ち合わせします。仕事が終わって来るまでの間にまだ時間があったので、マッサージを受けて待つことにしました。
しばらく身体を解していなかったので、あちこちがごりごりです。たった30分でしたが、背中と腰が楽になりました。やはり背中は相当凝っていたみたいです。

そしてマッサージが終わった頃、ちょうどトラフグさんも仕事が終わってイオンモールに到着したので、合流。そして、夕飯を食べに車で自然食バイキングに向かいました。
ここは、2000円でいろんな料理が食べられるので、食いしん坊のくらげにはぴったりなお店です。

少しづついろんな料理を木のお皿に乗せて、がっつり食べました。そして、トラフグさんと仕事について真面目なお話をしました。そして最後に杏仁豆腐を食べて、もうすっかりお腹満足です。ぎっしり詰まったお腹を抱えてトラフグ邸に戻り、一日が終わりました。

明日は温泉です。

二日目:



コメントを残す


goToTop