ロッジの中で起こる濃密で緻密な会話劇【ボクラ団義・誤人】

今日の舞台
ボクラ団義 『誤人(ごにん)』@シアターKASSAI

この劇団の名前は何度か見たことがありますが、今まで観劇をしたことはありませんでした。しかし、フォローしている照明さんからのリツイートで観劇した方の感想が流れてきて、「セピアの照明」という感想があったことが気になり、さっそくチケットを予約という経緯で観劇に至りました。

あらすじ

とある雪山。スキー場のとあるスキーロッジに、その日スキー場で起きた幾つかの事件の容疑者たちが集められた。
集まった容疑者は四人の男女。
一つ目の事件発生後すぐ、地元の警察が向かい操作に当たったが、その後次々と別の事件が相次いで起こった上に、
雪の影響で容疑者・被疑者・刑事たち共にスキー場に閉じ込められてしまったのだった。
やむを得ずロッジで事情を聴き始めた刑事たちだったが、驚くことに確実に目撃証言もあり、被害者が間違いなくその人物たちを犯人だと証言している中、その四人は口を揃えて『誤認逮捕』を主張したのだった。
「四人も同時に誤認逮捕なんて聞いたことがない。そんなことあるはずもない」
そう叫ぶ刑事に、ここにいる四人とも犯人じゃないとしたら、
「すべての事件で共通の犯人がいるかもしれない」
そう容疑者たちは主張する。
つまり、全員共通に主張する謎の「五人目」の存在だった。

感想

会話劇とあるように、お話は始終ロッジの中で進行していきます。セットは、下手にロッジと外をつなぐ扉と、下手手前にロッジの2階に繋がる階段があります。舞台センターには、大きなテーブルと椅子が並べてあるだけです。

おはなし

ロッジに集められた事件は、痴漢事件の容疑者と被疑者、友人を崖から突き落とされた友人と突き落とした容疑者、バッグを盗まれた夫婦と盗んだ容疑者、レイプ被害者とレイプした容疑者。
被害者はそれぞれ容疑者を断定していますが、容疑者とされる人物たちは全員犯行を否認していて、駆けつけた二人の刑事は戸惑うばかり。
容疑者と被害者が激しく言い合う中、物語は少しづつ進行していきます。

途中で、突如オープニングアクトが始まりました。暗転を挟みながらぱっと切り替わるとそこに役者がストップモーションで立っていて、映像は役者名を表示しています。映像と照明を駆使し、途中でスクリーンが降りたりしながら、まるで映像作品のオープニングを見ているようです。

やがて、四人の容疑者は誤認逮捕を主張し、そこへちょうど「五人目」の犯人と疑われるロッジの宿泊客が登場。この「五人目」を中心に物語が進行していき、被疑者と容疑者たちの関係も徐々に明らかになっていきます。

そして、予想すらしなかったまさかの展開で幕を閉じました。2時間30分という長い上演時間だったのですが、息をつかせぬ展開で役者の動きから舞台の端から端まで一時も目が離せない状態であっという間でした。
何ともいえないじんわり来る重さの切ない終わり方だったので、カーテンコール始まるまで余韻に浸っていました。

照明

職業柄どーーしても照明が気になってしまって開演前に頭上を見たりしています。上演中はなるべく照明を意識しないようには見ているのですが、それ以上に照明の見せ方が素晴らしかったです。中でも、LEDやACで照射される明かりがとても印象的なのです。こういう見せ方もあるんだなって勉強になりました。

気になる『セピア』の照明ですが、意識して見るとセピアに見えますが、セピアという事前情報がなかったらくらげはセピアと捉えなかったかもしれません。LED独特の光源が現在とは違うなにか無機質な時間に見えました。

音楽

音楽もとても印象的でした。
テーマ音楽は、最初オープニングアクトで聞いたときには、少々大げさでドラマチックな印象でした。しかし、最後まで観た後にもう一度流れてきたこの曲を聞いたときには作品にドハマりしていて、鳥肌が立ちました。音楽って奥が深いです。

アフタートークショー

公演期間中には、何度かアフタートークショーが開催されるのですが、今回が最後のトークショーでした。今回は、『久保田唱の一問一答』です。久保田唱さんは、ボクラ団義の脚本・演出を手がけています。
お客さんから質問を受け、久保田さんが答える形でトークショーは進行していきます。作中でふと気になったところはみんな一緒だったようで、久保田さんの回答により謎が解けました。ただ、ラストのあるシーンについては、それぞれで考えてほしいとのこと。たしかに、人によって捉え方は変わるような気がします。

このトークショーは把握していなかったので、くらげにとってはサプライズのような嬉しさでした。

まとめ

ところどころに終盤に繋がるピースがあり、そのピースが繋がって真相が判明してなお、もう一度最初から観てみたいと思わせるほど濃密で緻密なお芝居でした。
ボクラ団義の公演は、次回もぜひ行こうと思います。
企画演劇集団ボクラ団義



2 Comments

みかんうさぎ

SECRET: 0
PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
おはようございます。
都会には面白そうな催しが多くていいですね。
セピアの照明か〜。
フィルター何番だろ?とか気になります。
しっかしLEDは本当に増えましたね。
LED使うと普通のサス明かりが暗く見えて、まじ困りますわ。

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
みかんうさぎさん
いらっしゃいませー。
セピアの照明、使っていたのはLEDスポットライトでした。セピアと一口に言っても色の混ぜ具合によって人それぞれ変わりそうです。
LED本当に増えましたね。ハロゲンと全然光源の質が違う分、どう使い分けるかが肝になりそうです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください