スロークッカーで煮込み生活

2016年4月からフリーランス生活が始まり、家で過ごしている時間が多くなったので食事は家で取っています。
元々、ほぼ自炊で過ごしていて、お昼も会社勤めしていたときから毎日お弁当を持っていっていました。

自宅で仕事をしながらとなると、やっぱりご飯の時間にさっと冷蔵庫にあるもので食事を作って食べるのは楽ちんです。
ただ、毎日朝昼晩自炊となると、メニューがほぼ決まってきてしまいます。

そこで、もっと効率的に調理して食事を楽しもうということで、最近気になっていたスロークッカーという調理家電を買いました。

スロークッカーとは

stew-269314_640
スロークッカーは、電気でコトコト煮込む器具です。陶器でできた深い容器に材料を入れてスイッチを入れれば勝手に煮込んでくれます。
この製品の存在は、たまたまネットで見つけてものすごく気になっていました。豚の角煮とか牛すじが鍋で煮こむより柔らかく仕上がるらしいのです。

鍋で煮込むのは付いていなきゃいけない分面倒で仕方ありません。
でも、これなら勝手に煮込んでくれるので、めんどくさがりのくらげにぴったりの製品です。

さっそく使ってみた

キッチンが狭くて置く場所がないので、リビングの床に置いています。
DSCF0973.jpg

黒豆

お正月に黒豆を食べようと思って年末に買ったものの、めんどくさくなって放置していた黒豆を作っています。同封されている取説に、黒豆の作り方が載っていたので参照しました。
DSCF0974.jpg

タイマーはないので、一緒にタイマーも買いました。15分単位で入り切りの設定ができます。前日に調味液に漬けたので、7時間煮込むようにセットしました。
DSCF0975.jpg

そして完成。ふっくらと柔らかく仕上がりました。
DSCF0976.jpg

鶏皮

こちらは、鶏皮。水で煮込んだだけです。

4時間ほど強で煮込んでみましたのですが、4時間で強だとすっかりゼラチンが抜けきってしまい、筋っぽさが感じられます。
2時間位で十分な感じです。

手羽先と小玉ねぎ

鍋だと時間の掛かる手羽先煮も、スロークッカーだと放置しておくだけで柔らかくなります。

じっくり煮込むと、手羽先はほろりと肉が崩れるほど柔らかくなり、たまねぎも甘みが出ます。

調理時間は約3〜4時間ほど。

漬物容器として

また、スロークッカーとしてだけでなくこの陶器なべの深さと大きさが漬物容器として使えることを発見しました。

さっそく、白菜の塩漬けを作っています。やかんは重石です。
DSCF0977.jpg

感想

材料入れて置くだけというのは、とても楽ちんです。その上、柔らかく仕上がるので言うことありません。
じっくり煮込むことによって、素材の持ち味をしっかり引き出しているように感じます。

何よりも、放置しておくだけで仕上がるというのは時間のない方にとっても嬉しいところではないでしょうか。
火事になる心配がなく、タイマーがあれば自分で時間設定ができます。

いろいろ使える子なので、今後は煮豚とかローストビーフとか角煮を作りたいです。
お肉いっぱい調理します。

2 Comments

kenzo

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ほーこんなのあるですね
思いの外デカいので、結構大容量な煮込みも楽しめそうですね!
次回は何作りますかね?
また山メシでの煮込みモノ楽しみにしています。

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
kenzoさん
いらっしゃいませー。
まだ、黒豆作ったきり活躍していません。あれこれ作ろうと妄想はするんですけど。そのうち調理したらまた記事を書く・・・かもしれないです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください