同じ方向に並べる2台ピアノ

今日も引き続き、音楽ホールで照明代務の仕事です。昨日一昨日に引き続き、内容はピアノ発表会です。

もう飽きてきた。

そして今日も2台ピアノです。でも、昨日の一般的な2台ピアノの配置とは違い、同じ方向に2台並べる2台ピアノです。使用するピアノは、スタインウェイです。
2piano_2.jpg
向かい合わせにして手前のピアノの天板を外す配置と、2台同じ方向に並べる配置での音の違いはよくわかりません。

ただ、演奏のしやすさは2台同じ方向に並べる方で、客席からの見やすさは向かい合わせにする方です。有料のリサイタルなんかでは、2名の演奏者のそちらも演奏を見せるため、どうしても向かい合わせの位置にならざるを得ないのではと思います。

昨日おとといと比べたら、非常に平和なピアノ発表会。操作も本番明かりと客電の操作しかないため、袖の舞台操作盤に設置されているフェーダーで操作です。ここのホールは袖の操作盤で調光卓の電源をオン・オフできます。仕込みやシュートすらしていないため、今日の調光室の滞在時間はごくわずかでした。

こうして連勤3日目の今日は、何事も無く平和にピアノ発表会が終わったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください