ジグソーパズル的芝居

今日の舞台
『キサラギ』@シアタークリエ

この芝居も、知り合いの照明さんがプランとオペで参加している作品です。
この作品、最初は2007年に映画が作られ、そのあと2009年に舞台化されました。さらに去年は、LAで開催されたアニメエキスポでも上演されて好評だったため、今回凱旋公演となりました。

ここであらすじ紹介。公式HPより。
******
D級アイドル・如月ミキの謎の自殺から一年後。
如月ミキをこよなく愛し、その一周忌で彼女の死を心から悼む男達、家元・スネーク・オダユージ・安男・イチゴ娘は、とある部屋の一室に集まった。
ネットでのコアな付き合いを続けている彼らに面識はなく、5人が顔を合わせるのは今日が初めて。その日は家元がネットで声をかけ、彼女の一周忌がしめやかに行なわれる…はずだった!
「彼女は殺されたんだ・・・」
*****

場所は、如月ミキが最後にコンサートを開き、今は閉館した市民会館です。舞台袖らしきところで、如月ミキ一周忌を開きます。登場人物は、ファンサイトで交流のあった5人。現実世界では、今回の一周忌が初対面となります。
それぞれクセのあるキャストが次々に登場し、穏やかだった雰囲気がオダ・ユージの一言で一変します。

そこから、台詞のあちこちにちりばめられたジグソーパズルのピースが、後半になるにつれ一つ一つはめ込まれていきます。
あれはこうだったのか!それはそうだったの?という感じで関係ないと思っていたことが結びついていき、少しづつ如月ミキに関する真相が見えてくるのです。
そして、ジグソーパズルの完成後。

そうくるかい!!

って感じで終わりました。

しっとり重く終わると思っていたのですが、ピンクのハートできゃぴっといった感じです。

ちなみに、如月ミキは最後の最後で登場する・・・かも?
いやもう、おもしろかった!!お腹一杯って感じです。

地方公演のあと、10月15日に東京で追加公演があるので、また観に行っちゃいます。たぶん。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください