ねこのくにへ行ってきました

今日の舞台
オペラシアターこんにゃく座
『ねこのくにのおきゃくさま』@俳優座劇場

ねこのくにに行ってきました。
場所は、六本木の俳優座です。何と、俳優座は14年ぶりの来訪です。前回は、高校生でした。ピン振っていました。高校演劇部がここの舞台で上演することができたのです。懐かしいけど、記憶は一切ありません。

さて。
ねこのくにのお話です。
今回は40周年記念となる公演で上演されるこの作品は、元々絵本だったものをこんにゃく座がオペラにしたものです。
ただ、あくせく働くことしか知らないねこのくにに、どんびらこどんぶらこと船でやってきた、二人のおきゃくさま。仮面を被った二人は、ねこたちに歌やおどり、楽しい遊びを教えます。
どうか顔を見せてほしいとお願いされて、仮面を取ったその正体は・・・。

セットは、自由に動く階段とプラットホーム上の台のみです。演奏は、シンプルにピアノ一台のみ。曲も、どちらかというとシンプルですが、リズムが何だか不思議な感じです。
おきゃくさまの正体を知ってから、この先どうなるのか予想も付かず、はらはらしながら見ていました。
ねこのくにのお話ではあるけど、何か奥の深い内容でもあります。違うからこそ楽しい。と。

途中いろいろあったけど、とうとうおきゃくさまとの別れがやってきました。ねこの王女様は、おきゃくさまの一人に惹かれていたので、別れなければいけないときは、何だか切なくなってしまいました。
切ないにゃ~(´ω`。)

ねこのくには、楽しいところでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください