3.11くらげの一日

3月11日。この日は、仕事がお休みでした。

友人と渋谷で待ち合わせをしていたので、そろそろ出かけようとしていました。
2階の部屋で支度をしていた時に揺れを感じ、そのまま動けずにただ地震が終わるのを待っていましたが、なかなか収まらない揺れにこれはただごとではないなと感じました。

地震発生後、行政の防災無線で震度を知りました。
くらげ邸での被害は、幸い本棚の中身が飛び出たのと、お気に入りのマグカップが落ちて割れたくらいです。

その後、停電が発生しました。ちょうど住んでいる建物のお隣さんも電気が点かないというので不動産屋に確認してもらうと、くらげ邸一帯が停電していることが判明。
断水に備えてやかんや鍋には水を汲んでおき、お風呂にもたっぷり水を張っておきました。

そのあとは、何が起きるかわからないので、買い物に出かけるときは、お隣さんとお互い声を掛け合って出かけました。
テレビで状況を見て、名取に住む友人に何度も電話を掛けたところ、夜遅くになってようやく繋がり、多少怪我はしているものの無事でした。

家の方は、21時過ぎに電気が復旧。ガスも止まっていたのですが、ツイッターでガスメーターの自動停止装置が働いていたことがわかり、ようやく復旧しました。このときほど、ツイッターが役に立ったことはありません。

キャリーバッグに2日分の着替えと食料、タオルなどを詰め、防災ヘルメットと防災リュックと一緒に、いつでもすぐ持ち出せるようにしておきました。
ガスが使えるようになったので、さっとお風呂に入っていつでも外に出られるように着替えておき、枕元に携帯とマグライト、腕時計を置いて寝ました。
夜は、けたたましく緊急地震速報が何度も入るし、がたがた余震で揺れるため、ほとんど寝付けませんでした。

そんな地震の日のくらげの一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください