ドットサイトでクセノンピンの照準を作る・第二弾

以前、サバイバルゲームの銃に使用するドットサイトという光学照準器でクセノンピンスポット用の照準器を作成しました。今回はその第二弾です。

ピンスポットの灯体に装着するためのマグネットを改良したのでご紹介します。

前回のお話:光学照準器ダットサイトでクセノンピンスポットライトの照準を作る

購入するもの

  • ドットサイト
  • ドットサイトはAmazonで購入できます。くらげはこちらを使用しています。今回はドットサイトの変更はしていません。

  • ピカティニー・レール
  • ダットサイトをモデルガンに装着するためのレールです。前回の仕様では2本使いましたが、今回は1本だけ使います。前回ご紹介したレールは売り切れて入荷未定のため、同等品に変更しました。

  • さら小ネジ M5×30mm ×2本
  • M5 ナット ×6個
  • M5 ワッシャー×4個
  • M5 スプリングワッシャー×6本
  • ボタン電池 CR2032
  • ネオジムマグネット

  • こちらが今回のキモ。カインズホームで販売している『ネオジム磁石』を使用します。サイズは丸型24φ×4ミリ厚です。

    ネオジム磁石は、レアアース金属の一種であるネオジムと鉄、ホウ素(ボロン)が主成分の金属磁石で世界最強と言われている磁石です。黒い色をしているフェライト磁石と比べるとその強さは約10倍以上もあります。それだけの強さを持つ磁石のため、取り扱いには十分注意してください。わずか直径数センチの大きさのものでも協力に吸着するため、容易には引き剥がせません。
    万が一吸着して剥がれない場合は、横にずらすようにして剥がします。

    では作ってみるよ

    1.まず、ネオジム磁石の皿になっている部分を下にしてネジを通し、ワッシャー、スプリングワッシャー、ナットの順に通してラジオペンチなどでしっかりと締めます。これを2つ作ります。
    ネオジム磁石は工具も強力に吸着するため、締めたいのになかなか締められずイラッとしますが、穏やかな心を保ちながら締めてください。

    2.その上から先端より3センチほど下の方に今度はナット、スプリングワッシャー、ワッシャーの順に通します。これも2つ作ります。

    3.上からピカティニー・レールを通します。凸凹部分が上です。

    4.ピカティニー・レールの穴にスプリングワッシャーを通します。

    5.その上にナットを通します。

    6.ラジオペンチでしっかりと固定します。
    ネジの先端がピカティー・レールの上に飛び出ないように調整してください。でないと、ピカティニー・レールをドットサイト本体に装着できなくなってしまいます。

    7.ドットサイトに装着して完成。

    以前のものは、超強力両面テープでネオジム磁石を固定していましたが、ドットサイトの重さで両面テープが剥がれるのが不安でした。このバージョンではしっかりとネジで固定しているため、剥がれる心配はありません。
    穴空きタイプは安価なフェライト磁石にもありますが、強力なネオジム磁石のほうが安心感があるため多少値が張っても使用しています。

    取扱い上の注意点

    さら小ねじの長さは、自身で調整してください。劇場やホールの条件によっては、30mmでは合わないこともあります。予算に余裕があれば長さの種類を変えて揃えておくのもおすすめです。

    また、ドットサイトの電池は、磁石と離して保管してください。一度、予備電池をダットサイトと一緒に保管していたら磁力のせいか使えなくなってしまいました。
    それと、ドットサイトで使用している電池はこまめに外しておくことをオススメします。

    他の人はどんなのを使っているの?

    Twitterでドットサイトを使っている照明さんから画像をいただきましたので、ご紹介します。

    それぞれみなさん、工夫されて使用されていますね。ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

    締めくくり

    くらげ模様では、ドットサイトの制作事例を募集しています。ブログで紹介してもいいよという方は、詳細と画像をコンタクトフォームよりお送りいただけるとうれしいです。

    TwitterのコメントやDMでも受け付けています。
    @yukie_suzuki725

    本当はピンスポット本体に標準装備されていることが一番望ましいのですが、いつになったら標準装備してくれるんですかね、ウシオライティングさん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください