6年ぶりの買い替え。ASUSのPCを買ってみた。

Windowsパソコンを買い替えました。

今まで使っていたのは、6年前に買った仕事用のDELLのINSPIRON 1300です。WindowsXPでメモリは512MB、無線LANなし。

メモリは去年1GBに増設したものの、メモリの少なさにイラストレーターを立ち上げても、動作が遅くたまに落ちたり。
フォトショップも入れたけど、メモリ不足で動かず。ベクターワークスも、12にバージョンアップしたいけどきっと重たくなるので11のままで我慢。

もう一台は、iBook G4です。OS10.3から10.4にバージョンアップしたけど、LIONが出てからiTunesも最新バージョンは10.4に対応していないので更新できず。
「プラグインが古いから更新してください」と催促されても、FireFoxだって最新バージョン未対応で更新できず。さらに、去年買ったプリンターも、10.4未対応で印刷できず。

そんな、世の中から置いていかれる一方だったくらげのパソコン事情で、さすがにこれはイカンと買い替えを決意。
ASUSの評判を聞いていたので、秋葉原を回っていろいろ調べて購入しました。

新入りの紹介

買ったのは、lenovoのideapad Z575です。

スペックは、CPUがcorei5 2450M、HDD容量500MB、メモリー容量8GBです。同系としては、ACERのAspire AS5750 AS5750-F58D、ASUSのK53SD K53SD、LENOVOのIdeaPad Y570です。
店を回って、Adobe Illustratorを入れたいと言って薦められたのが、このideapad Z575でした。
CPUがQuad-Core A8-3500Mというところに引っかかったのですが、i5と同程度で、グラフィックを重視するならこっちのほうがいいとのことで、決めました。

DSCF4436.jpg

では、早速起動いたします。
DSCF4438.jpg

モニターはLEDなのできれいなのですが、眩しいくらい明るいので、光量を落としました。
あと、だいぶ白っぽく見えるので、価格コムにあったレビューを元に、色の調整をして一般的な色味にしました。

DSCF4442.jpg

キーボードは、テンキーが付いている分狭くてキーが小さく感じます。特に、エンターキーの小ささにはまだ慣れません。

DSCF4444.jpg

表面はアルミを使っていて、色はこのメタリックグレー一色しかないのですが、とても落ち着いた色で気に入っています。

DSCF4445.jpg

DSCF4446.jpg

使ってみた感想

なによりも薄くて軽い!無線LAN搭載。今や当たり前だけど。Windows7の使い勝手のよさは気に入りました。

そして、何と言ってもSDカードスロットが付いているのです。
今や当たり前だけど。DELLもiBookも付いていないので、今まではカードリーダーを使っていました。

ネットを立ち上げて、いつものページをブックマークしながら見ていると、やっぱり今まで見ていた画面とは全然色味が違います。
その中で、一番驚いたのが、自分で描いたイラストです。
ももいろぶたが、全然ももいろじゃないのです。今まで、少し肌色かかった薄いピンクと思っていたのに、このパソコンで見ると、だいぶ肌色かかっています。そして、くらげの体も思ったより濃い空色でした。

イラストレーターを入れたら、ちょっと色を訂正しようと思います。でもきっと、もう動作が遅くていらいらしなくて済むと思うと楽しみです。
というわけで、これからまだまだやることがあるのですが、地道にくらげパソコンを仕上げていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください