職場の人達と行く2泊3日の長野スキー旅行

今の職場は、冬になると活発になる人たちがいます。スキーが大好きな人達です。くらげ自身は高校の修学旅行のときにやったきりであまりいい思い出はないのですが、みんなでスキーに行こうという話になりうっかり乗せられて参加することになりました。
行き先は、会社が所有しているリゾートマンションがある、長野の湯田中です。ここからスキー場まではアクセスがいいので、よくスキーやスノボをする社員が宿泊先として利用しています。

今回は、仕事が終わった21時過ぎに車で向かうことにします。

一日目

まずは中央道で岡谷JCTに向かい、岡谷JCTから長野自動車道に入り、更埴JCTから上信越自動車道を経て信州中野ICで降ります。相模原市を入る頃にはすでに雪がちらついています。

上信越自動車道へ入ってから、松代PAで休憩することにしました。あたり一面雪が積もっていて、さらさらした雪はすぐに手の上で解けてしまいます。
DSCF6044.jpg

信州中野で降りて、途中のコンビニで食料調達し、深夜に宿に到着。旅のしおりでは、今日8時起床で朝食後にスキーの予定になっています。
が、「明日でいいんじゃない?」という一言で、予定変更。今日は昼から観光することになりました。

二日目

朝起きると、外はすっかりいい天気です。9時過ぎに目が覚めたので、朝風呂に入りました。はーすっきり。

昼食は、近くのそば屋へ行くことにしました。

マンションから、歩いてすぐにあります。老夫婦で経営しているこのお店は、開いていないときもあるそうです。くらげは夏に来た時がありますが、この店は知りませんでした。
DSCF6060.jpg

頼んだのは、天ザルです。
DSCF6062.jpg

自家製漬け物も出してくれました。漬け物好きには、たまらないおいしさです。
DSCF6063.jpg

地獄谷温泉で猿を見に行く

午後は、地獄谷温泉に向かいます。地獄谷温泉は、国際的に有名な温泉に入るサルがいる温泉です。夏期は車で近くまで行けますが、冬期は道が閉鎖されるため、下の駐車場に停めて30分ほど温泉地まで歩きます。

初っぱなから危険な香りのする上り坂。
DSCF6065.jpg

途中、雪に埋もれる寂れた軽トラが。
DSCF6085.jpg

動物の足跡。
DSCF6078.jpg

つらら。
DSCF6086.jpg

猿の観察

そして、ようやく地獄谷温泉へ到着。おサルを囲む人たちはほぼ外国の方々です。
DSCF6097.jpg

ん?
DSCF6099.jpg

いい湯だわ〜。
DSCF6100.jpg

湯上がり。
DSCF6094.jpg

一生懸命に、雪に埋もれた餌を掘り返して食べています。
DSCF6112.jpg

マンションに戻る途中、湯田中の食品店と中野市の酒屋とイオンに酔って、今夜の宴の材料を買いそろえました。

マンションで夕飯

それでは、お待ちかねの夕飯のお時間です。

お肉どーん。
DSCF6126.jpg

どどーん。原酒うまし。
DSCF6130.jpg

最後は、焼きそばとプルコギを混ぜて焼いて食べました。明日は、いよいよスキーです。

三日目

今日は、今回のメインイベントであるスキーをやります。行き先は、よませ温泉スキー場です。
くらげは初心者なのでスキー学校へ入るのですが、受付が9時30分までらしいのです。なので、急いで受付に向かいました。

ところが、「本日、団体が入っているため休校」との張り紙が、貼ってあるではありませんか。仕方ないので、この近くにある小丸山スキー場へ向かうことになりました。

気を取り直して小丸山スキー場へ

9時30分前、小丸山スキー場へ到着。急いで受付をしたら、何とか間に合いました。スキー学校は10時30分からなので、それまでにスキー靴、ストック、板のレンタルを済ませます。
スキーウェアとゴーグルは会社の事務のお姉さまから借りました。お姉さまはスノボをやっているので、お姉さまが着てもぶかぶかなのに、くらげが着るとさらにぶかぶかです。インナーと靴下、ニット帽はヴィクトリア、タイツは神保町の店で買い揃えました。

レンタルを終えて、スキー学校の集合場所へ向かいます。
DSCF6151.jpg
スノーボーダーだらけです。
DSCF6148.jpg

そして、時間になり先生とご対面。スキーはくらげしかおらず、先生はスキー学校の校長先生でした。これから午後15時まで、校長先生から一対一で教わります。

校長先生とマンツーマンレッスン開始

最初はまず、スキー板の履き方から教わります。そのあとも一通りのことを教わってから、リフトに乗って上へと向かいます。
この長いものを、いますぐにでもかなぐり捨てて歩きたいくらい、板を着けての歩行は困難を極めます。やっとの思い出リフト乗り場へとたどり着き、やっとの思いでリフトの乗り位置まで付き、やっとの思いでリフトに乗れました。

まずは、一段目の山から降りながら、ボーゲンの練習です。ストックを持たないで後ろに手を組み、ゆっくり斜面を滑走します。
さらに、斜面を横切る練習、狭い道を滑り降りる練習、階段登行の練習を繰り返し行います。

1時間の休憩時間を挟み、午後からは曲がったりする練習です。

これがまた、難しいんです。斜面に対して身体を傾けながら、ターンしたら山側の足をずらして平行にし、ボーゲンでターンしてまた山側の足をすらして平行にする。
頭の中で繰り返しながら、最初に滑って降りた先生のお手本どおりに滑ります。たまに混乱したりもしましたが、何とかナナメに滑れるようになりました。

最後に、ターンしながら足をずらす方法を教わったのですが、これはさすがに難しくてなかなかできません。時間はこうしてあっという間に過ぎていき、時間は15時。これで、授業はおしまいです。
初めは履き方もわからないくらいの初心者でしたが、一日でここまで滑れるようになりました。

授業が終わると、みんなで下で待っていてくれたので、これから4人で滑ることにします。
リフトで上まで行き、一番遅いくらげからスタート。途中で、あっという間に抜かれていきました。そして、2本目も無事に滑走できました。

そして、3本目。
途中で、何がどうなったのかわからないけど、足がもつれて転倒。一生懸命教わったとおりに起き上がろうとしていると、無常にも後ろから連れの3人に次々と思い切り雪を掛けられました。ま、優しく助けてくれるとは微塵にも思っていなかったけど。

そんなこともありながら、みんなで一緒に5本滑走したところで、おしまいとなりました。
あれだけ気の進まなかったスキーですが、すっかり楽しくなってしまいました。

夕飯はちゃんこ鍋

夕飯は駅前のお店でちゃんこ鍋を食べます。

ここが、ちゃんこ料理屋さんの”たまや”です。
DSCF6155.jpg

参考 ちゃんこ料理 たまやぐるなび

予約してあったので、すでに出来上がっています。
DSCF6156.jpg

馬刺しも別で頼みました。
DSCF6157.jpg

〆は、うどんと餅を煮込みます。一緒に野沢菜漬けも出してくれて、これもまたおいしいのなんのって。漬け物好きにはたまりません。
DSCF6158.jpg

すっかりお腹が満たされたところで部屋に戻り、東京方面に戻りました。

締めくくり

高校の修学旅行のときにはもう二度と滑ることはないと思っていたスキーでしたが、思った以上に楽しむことができました。
今回、改めてスキーの楽しさを知れてよかったです。

それと、冬の長野もまた雪がない時期とは違った楽しさを味わうことができました。また冬の長野を訪れてみたいです。

2 Comments

そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ゆうきさん
いらっしゃいませ〜。
大丈夫ですよー。意外とやれば何とかなるんです。
きっと、ハードな乗り打ちツアーよりは楽だと思われます。

返信する
ゆうき

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
なんてハードな!(・・;)
30歳過ぎたら、もうそんなの無理ですぅー。
猛者ばかりですね!

返信する

そらいろくらげ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください