師匠に心救われる

久々に、くらげ学習センターホールに行って来ました。

就職先も配属先も決まり、4月になったら学習センターホールでお世話になった上司の親分様にご挨拶がてら顔を出そうと思っていました。が、しかし。近いからいつでも行けるからいっかとのんびりしていたらなんだか5月に入ってしまい、ようやく顔を出すことができました。
久々のくらげ会館ホールのスタッフ控え室は、いつもよりとすっきり広くなっています。会館当初からあった、古いソファがついに限界まで達し、いなくなったのでした。
ちなみに、対の一人がけソファでくらげはダニに刺されています。

そして、定時になったところで親分様と飲みに行きました。
近況と、配属先の会館のことや、なぜか前の会社のことまで語るくらげ。意外に親分様は、くらげ照明の近況を知らないのです。くらげは、筋から仕入れた情報を流しておきました。

それから、照明のお勉強。さすがは師匠、なるほどというお話が、盛り沢山です。この間のカラオケ大会で気になっていたことも、いろいろ聞いて勉強になりました。
今週末に入っているバレエの現場が心配だと心境を漏らしたら、くらげはピンがうまくなったから、あれだけできればバレエでも大丈夫だと、太鼓判を押してくれました。

本当は、ちょっぴり自信を失っていたくらげ。
くらげは親分様から教わったことを、くらげの思ったとおりにやればいいんだと、自信を持つことができました。
ありがとう、親分様。(´ω`。)

そして、お会計時にお金を出そうとすると、「就職祝いだからいいよ」と、払ってくれました。
ありがとう、親分様。(ノД`)・゜・。

帰り道、途中駅までは一緒なので駅に向かうと、少し時間があるのでトイレに向かう親分様。くらげは、エスカレーターでホームに上がり、すぐのところで親分様を待っていました。
しかし、電車が来ても上がってくる人たちの中に親分様は見当たらず、そして電車は行ってしまいました。ぽつんと一人、ホームに取り残されたくらげ。
結論。親分様は、来た電車に乗っていってしまったようです。
ひどいよ、親分様。。゜゜(´□`。)°゜。

一人寂しく、次の電車に乗って帰りました。
くらげを置いていっても、会社が変わっても、親分様はこれからもくらげの師匠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください