深秋の木下沢林道を散策【裏高尾】

裏高尾にある木下沢(こげさわ)林道を散策してきました。

木下沢林道はJR中央線の高尾駅からバスまたは徒歩で行ける範囲にあり、林道入り口の梅林は春には賑わいを見せますが、それ以外の時期はとても静かで登山をする人たちが僅かに通る程度です。
林道の先には広場があり、水汲み場もあるので気が向いたときにここでご飯を食べるのが日課になっています。

今まで春と冬に訪れたので、今回は深秋の10月半ばに訪れてみました。

春に訪れたときのお話:春の木下沢林道を散策
冬に訪れたときのお話:台風の爪痕が残る木下沢林道を歩く

林道を歩くよ

木下沢梅林の近くにスーパーカブC125を置いて登山装備に着替えて林道へと向かいます。

前日までの雨量が多かったせいか、林道に入ると木々が生き生きしているように感じます。川の水量もいつもより多く流れていました。

何の花だろう。

どんぐりが落ちていました。

水たまりに映る木。

道には斜面からの水が流れ出しています。

かわいい花。

2019年の台風19号で流された看板は未だにそのままになっています。

ここも溢れ出しています。

途中で、役所の方々らしき方が後ろから歩いてきて、ところどころ様子を調査していました。おそらく、前日までの雨で土砂災害などの被害がないかの調査でしょう。

お昼ご飯を食べるよ

いつもの場所に着いたので、お昼ご飯を作ります。

その前に、水の調達。橋を渡った先に水汲み場があるのでここで水を汲んでおきます。

やっぱり雨の影響で水量が多いです。

この橋は一度台風で流されて掛け直されました。

この先を進んでいくと景信山に到着します。

今回のメニューはラム焼肉ランチ。メスティンでご飯を炊くので、浸水させて30分置きます。その間に周りを散策したらいろいろなところにキノコが生えていました。

肉を焼きます。ジュージュー。

ご飯が炊けました。

エリンギを焼きました。

そこら辺で拾ったどんぐりを炒ってみました。椎の実だといいんだけど。

食べてみたらアクがあってものすごく苦かった。どうやらそのままでも食べられるどんぐりじゃなかったみたいです。

お腹いっぱいになったので、片付けをして帰りました。

今回の行程はYou Tubeにアップしていますので、ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください